Google よし、京都に行こう!

2018年5月22日火曜日

アブラカタブラ~!

5月21日、今日の京都市左京区は晴れ。



青空の広がる暑い1日でした。



そんな青空の下、下校途中の小学校低学年ぐらいの男の子二人組が、
仲良くじゃれあって「アブラカタブラ〜!」
なんて言い合って信号を渡っていきました。




アブラカタブラ〜

(・・?)

・・・
なんの呪文だっけ??



なんだか妙に気になったので調べてみたら、



【アブラカタブラの意外な意味とは?】

A.いただきます

B.ごちそうさまでした

C.悪霊退散

D.花粉症退治



なんてページに飛んで、ますます意味不明に。(・・??)




読み進めると、この言葉は、シリア地方やメソポタミアで、
紀元前500年~紀元600年頃まで話されていたアラム語という、
現在もレバノンの一部で話されている言語なのだそうで、



日本語で直訳すると、

「この言葉のようにいなくなれ!」や
「私がいうとおりになる!」と、なるそうなんです。




てことは、悪霊退散〜!

なのかと思いきや、



日本のおまじないの、
「痛いの痛いの飛んでけ〜!」
と同じような感じらしく、



魔術師が
「アブラカタブラ〜!」と唱えて、



花粉症を退治していたんだそうです。





もう花粉の季節は終わってしまったけれど、
来年の春、花粉症で苦しんでいる人に唱えてあげよ―かな。



数ヶ月後に効き目がでてくるんだろーなぁ・・・笑





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年5月21日月曜日

娘のような子の子

5月20日、今日の京都市左京区は晴れ。



今日も少し寒いのかな?と思っていたら、ぽかぽか陽が差す暖かいお天気でした。



長女の親友が、子供を連れて遊びに来ました。


私にとっても娘のような存在の子で、もう、お腹の中に2人目の子もいる、
頑張る若いお母さんです。



娘のような子の子は、まるで初孫。

おばあちゃんとしての「フィルター」がかかっているので、

可愛くってしょうがない。



案の定、その、娘のような子も言い出した。



オシメのコマーシャルにでも、でれるんじゃないだろうか?と。



完全に、母親の「フィルター」がかかってしまっている。




「フィルター」がかかってしまうと、何でもかんでも、
実物以上に良く見える。



ふと横を見ると、青山社長がいた。




ふふふ。
相変わらず、かっこいい♪






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年5月20日日曜日

体感温度の計算

5月19日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。



間違ってクーラーのスイッチを押してしまってる?と、確認してしまうほど、

ひんやりと寒い1日でした。



今日は外も寒かったけど、
いつも室内にいる方が寒く感じてしようがない。



室内で選んだ服装で外に出たら、
玄関のドアを開けて外に出た瞬間に、
暑っ…
今日ってこんなに暑かったんだ…

なんてことが、よくあります。



肌で感じる暑いとか寒いとかの度合いを「体感温度」っていいますが、


室内での体感温度ってのは、どのように計算されるかご存知ですか?



室内にいる時の、体感温度を簡単に計算するには、

「室温」と「床・壁・天井の温度」を足して、2で割ると計算できます。



例えば、室温が30度。

でも、壁の温度が20度だったら、?


(30 +20)÷2=25



体感温度は25度となるのです。



壁や床って、ひんやりしていますもんね。

なるほど、です。( ..)φメモメモ



一方、壁や天井が無い室外は、

気温と湿度と風速を元に、なんだか難しそうな式で計算されます。





話は変わりますが、



人は凍死寸前には、血管が収縮して筋肉を振動させ熱を発生させようとし、
体感温度が異常になってしまうそうです。



また体温が低くなり、気温との差が小さくなるので、
暑いと感じるようになるそうです。



凍死した人は、なぜか薄着になって見つかることが多いそうなのですが、

これは、体感温度が狂ってしまい
無意識に着ている服を剥ぎ取ってしまったからなんだそうです。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年5月19日土曜日

酸素と二酸化炭素

5月18日、今日の京都市左京区は曇りのち雨。



開け放った窓からあまり風が吹き込まず、蒸し蒸しとしていたので、

サーキュレーターで風を循環させました。



風というものは、通り道を作ってやると、スゥ〜ッと流れていってくれます。
新鮮な空気は、気持ちがいいものです。



そういえば、窓を開けることができない「潜水艦」では、
どうやって換気をしてるんだろう?

なんて疑問がふつふつと湧いてくるので調べてみると、



「原子力潜水艦」では、


原子炉によって発電された電力を使用して海水を電気分解して酸素を作り出し、

人間が吐き出した二酸化炭素は、
薬剤などを使って吸収しているそうです。



原子炉を持たない「通常の潜水艦」では、


空気を取り入れるシュノーケルという筒を海上に出して
空気を取り入れているそうです。



よくアニメとかでみるアレですね。



しかし、シュノーケルは浅い場所を航行している時にしか使えないため、


深く潜っている時には化学反応によって酸素を発生させて、

二酸化炭素は、
原子力潜水艦と同じく、薬剤で吸収しているのだそうです。






ふぅーーっ。(⌒-⌒; )

閉所恐怖症なのかしら?


潜水艦のこと考えると息苦しい・・・
( ̄◇ ̄;)




…とりあえず窓開けよ。( ´△`)







【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。