Google よし、京都に行こう!

2018年4月18日水曜日

ハナミズキ


4月17日、今日の京都市左京区は曇りのち雨。



なんだか今日は、そこここで、白や薄ピンク色の花を満開に咲かせた
「ハナミズキ」が目につく日でした。



意識せずとも目に飛び込んでくる「桜の季節」の後に、

こんなにもキレイに「ハナミズキ」が咲いていたとは。



中学の時、cherry blossom やらWashington,D.C.やらという
ちょっと長めの単語を英語の教科書で習い、
日本からアメリカのワシントンに何千本もの桜の木が送られ、
今では桜の名所になり皆に愛されてる、めでたしめでたし、
といったような英文を学んだ記憶があります。



しかし、この桜の寄贈の裏には、




『1909年11月、横浜港から2000本の桜を乗せた船がワシントンへと出航。

翌1910年1月にワシントンに到着した桜は病害虫に侵され、
防疫検査を通過することができず、
泣く泣くすべてが焼却処分となってしまう。



桜を贈ることを諦めきれず、次は病害虫に侵されることがないよう、
綿密な計画が立てられ、荒川の桜に接ぎ木などを施して、
健康な桜の苗木を育てた。



1912年、12種類の桜の苗木は再び横浜港を出発し、
アメリカ西海岸のシアトルに到着、
そこから冷蔵貨車で大陸を横断してワシントンへと届けられる。


検疫検査の結果ですべての苗木が健康であることが確認され、
ようやく植樹できるようになった。』




という苦労話があったのです。





そしてそして、



『1915年に、アメリカ政府はこのお礼としてハナミズキの木を日本へと贈り、
日比谷公園などに植えられました。』



という後日談があったのです。



この話は、私たちの年代の後の中学の英語の教科書に載ってるそうなのですが。




ということで、今、日本で見かける「ハナミズキ」は、北アメリカ原産!
だったのです♪



何気なく目にする日本のハナミズキに100年の歴史アリ。
なんですね♪
( ´ ▽ ` )






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年4月17日火曜日

大雪の予言

4月16日、今日の京都市左京区は晴れ。



弱っているのかな?大丈夫かな?と思っていた玄関先の木に新芽が出だしました。


庭の桃の鉢植えは、数が減りだした花と入れかわり、
どんどんと新緑の葉が増えてきました。



これから、夏に向かってますます気温が上がっていくと、
テレビのニュースで言っていました。



暖かくなってきたことを喜んでいるうちに、あっという間に暑くなる。



いつものパターンです。




娘が、自分のスケジュール帳を見ていて、


「え?大雪(おおゆき)って予言してある!(⊙ω⊙)!」と言いました。



おいおい。( ̄▽ ̄)



我が娘ながら、ときたま、この、なんとも突拍子もない、
なんとも無知な発言をしてくるから、



大丈夫か?こいつ・・・



と、思わずにはいられない。




正直、私も詳しいことは知らないが、


「おおゆき」とは読まない、
ということと、

「暦のナンチャラである」ということぐらいはわかっている。



まぁ、そんなぐらいの知識で充分かなぁー、なんて思っているので、



「おおゆき」じゃないことと
「暦のナンチャラである」ことと

「詳しく知りたかったら、ネットで調べりゃすぐにでてくるから調べたら?」

と伝えたら、



なるほどー、って顔をして、

何もなかったかのように、他の作業に取りかかりだした。




どうやら、娘も、そんなぐらいの知識で充分なようだ。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年4月16日月曜日

サンドバッグの中身


4月15日、今日の京都市左京区は晴れ。

少し肌寒い晴れ。



今日は事務所にずっといたのですが、
私の事務椅子のウレタンがヘタってきて、なんだか固いです。


そういえば、サンドバッグの中身って、
砂じゃなくってウレタンや布切れとかが詰まっているんですね。



サンドバッグ(砂袋)って名前だから、砂が入っているんだって、
結構長いこと思いこんでいました。



ボクシングが本格的に日本に伝わったのは1920年代。


そのときに「打撃練習用の袋」も一緒に入ってきたのですが、

練習生が、中に何を詰めて良いのか分からずに、
とりあえず砂を詰めてみたことがサンドバッグの始まりだと言われています。


砂を袋に入れて詰めてしまうと、

中で砂が固まってしまい、練習生の拳を痛めてしまうという理由から、
すぐに中身の砂は撤廃され、ウレタンや布切れが詰め込まれたのだそうです。


この「打撃練習用の袋」に砂を入れたのは日本だけで、

この器具をサンドバッグと呼ぶのも日本だけだそうです。



英語では「パンチングバッグ(Punching bag)」と言い、



サンドバッグと言ったら「土嚢」のことを指すのだそうです。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2018年4月15日日曜日

落とし物

4月14日、今日の京都市左京区は曇りのち雨。


3時から雨、と聞いていましたが、本当に3時から雨がポツポツと降ってきました。





「降ってきた」ではなくて
「落ちていた」の話なのですが、


青伸ホームの青山社長、
結構な頻度で「落ちていた」お財布を拾って帰って来ます。



先日も夜遅く、用事のため車で出かけた時に、
お隣のかごの屋さんの前の歩道と道路の段差辺りに何かが落ちているのを見たそうです。



用事を済ませて戻って来て、まだ落ちているのでゴミだと思い掃除しようと近づくと、
お財布だったというのです。


チラッと見た感じ、お金も商品券もカードもたくさん入っていたので、


再び車に乗って、交番に届けに行くこととなりました。



数ヶ月前もそのまた数ヶ月前も拾ったお財布を届けていたので、

そろそろ、交番では
「あ、また来たの?今日はどんな財布をいつどこで?」
なんて聞かれそうです。笑




お巡りさんによると、
拾った財布の届け出は、被害届に比べると随分少ないそうで、


届けられても、お金が抜かれている状態の物が多いそうです。



ちなみに、拾ったお財布を警察に届けなかったら、
「遺失物横領罪」になり、
その罰は1年以上の懲役または10万円以下の罰金が課せられるそうです。



小学校3年生くらいの時、55円入ったキティちゃんの小銭入れを道で拾い、
交番に届けたことがあります。

あの時の、ちょっと困った顔をして調書を長々と規則通りに書いてくれたお巡りさん。
子ども心ながらに、なんかごめん・・・と思ったことを思い出しました。

そしてそのお巡りさん、
やはり規則通りに拾得者のお礼を受ける権利について聞いてきました。

5%以上20%以下のお礼が貰えるってやつです。


いやいやいやいや、いらないです。
と言い、すべての権利を放棄したのですが、

落とし主は現れたのかな?
なんて、ちょっと気になったりしていたことも思い出しました。


いつも全ての権利を放棄している青山社長ですが、

無事に持ち主の元にかえったかだけは
ちょっと気になる時があるそうです。笑


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 2018年04月18日のツイート - @aoshin2007: アメブロを更新しました。 『ハナミズキ』 #ハナミズキ #ワシントン URL 2018-04-18 06:24:03 via Ameba_Blog @aoshin2007: ハナミズキ : 京都市北区・左京区・上京区の不動産情報 それいけ!青伸ホーム!! URL 2018-04-18...
    1 日前
  • ハナミズキ - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    1 日前
  • ハナミズキ - 4月17日、今日の京都市左京区は曇りのち雨。 なんだか今日は、そこここで、白や薄ピンク色の花を満開に咲かせた「ハナミズキ」が目につく日でした。 意識せずとも目に飛び込んでくる「桜の季節」の後に、 こんなにもキレイに「ハナミズキ」が咲いていたとは。 中学の時、cherry blossom やらWashingto...
    1 日前

そうだ 京都、行こう。