Google よし、京都に行こう!: 2017

2017年10月22日日曜日

台風の進路


 10月21日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。

お天気が悪いと、なんとなく身体がシャキッとしません。

天気図には、等圧線が何重にも描かれた大きな台風。





子どもの頃、

台風は、夏から秋にかけての期間限定生産物だと思っていました。






それがどっこい、
一年中南の赤道に近い海上で発生してると知って驚いたことを覚えています。





なんとなくだけど、

天気予報で台風の進路を見ていると、

まるで台風が自分でグイグイと北上し、

好んで方向転換し、イジメるように日本列島を縦断運転しているような錯覚に陥ります。





台風は自分自体では進めないのにね。





貿易風に押されて、偏西風に流されて、
太平洋高気圧の威力に弾かれて進路が決まるのに、ね。






そうそう、台風って

赤道上では発生しない、ってご存知でしたか?






ご存知でない方のために、

見つけてきました。





これは、
1842年以降に観測されたすべての熱帯低気圧
(発生場所により、ハリケーン、台風、サイクロン等と呼ばれる)
の進路を示したものだそうです。

12,000件近くもあるそうですよ。





すごい数ですね。








今回の台風の被害が、最小限で食い止められますように。












【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月21日土曜日

台風による被害




10月20日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

明日は超大型で強い台風が沖縄に近づくとかで、京都のお天気は下り坂です。





台風といえば、

海辺では、波浪警報 高潮警報といった海が荒れているイメージ
この界隈だと、
大雨警報 洪水警報 暴風警報 強風注意報などという、
雨と風の被害、というイメージがあったのですが、

最近は、台風による『塩害』という言葉が目につくようになってきました。






というのも、

最近ちょっと植物好きになってきまして…

せっせせっせとベランダガーデニングがしたいとまでは思わないのですが、

2階のベランダにどんな木や花を置いたら素敵だろう?
というレベルに到達してきたからです。





ネットや本で植物のことを調べていると、

「ベランダに置いていた木が台風で枯れた」などという書き込みが目につき、

忘れていた「塩害」という被害もあることを思い出しました。





台風は海で発生し、海水を巻き上げ、
塩分を含んだ雨水をもたらす、ということを、改めて思い出しました。





塩分を含んだ雨水が強風で植物に吹き付けられると、

浸透圧の作用で葉の水分が奪われ、

植物が急に枯れてしまうことがあるので、注意が必要なのだとか。





海の近くの街路樹などは、
もともと海からの風が強いので陸側に傾いていることが多いそうなのですが、

台風のあとは、綺麗に海側の半分の葉だけ茶色くなり落葉してしまうことがあるのだとか。





海から離れた場所でも、
台風通過後は「塩害」がうたがわれますので、

「直後に真水をかけて塩分を洗い流す」
といいそうです。




被害に遭ってしまったら、

「枯れた枝をすぐには切らない」

「枯れたことを水や肥料の不足と考え、急に水や肥料を与えない」

ことが大切だそうです。





自然現象は

人の力ではくい止めることが出来ないけれど、

災害による被害は
人の力で防ぐことが出来るものもあります。






植物の塩害から話は大きくなってしまいますが・・・






こういうことを書いていると思います。






『ガンバレ日本!!』と。




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月20日金曜日

大量購入のワケは・・・?



10月19日、今日の京都市左京区は雨のち曇りのち雨。




天気はイマイチだけど、北山通りの中央分離帯のケヤキが、
そろそろイイカンジに色づきはじめていました。





等間隔で並んだ木々の色づきかたはバラバラ。

少し赤くなりはじめた木。

まだまだ踏ん張る緑色の木。

赤や緑や黄色やら。

仕事のお供で、今日は助手席。

少し上を見上げてのドライブです。





美しい紅葉が見られる条件は、

○好天が続き、葉が日光を十分に受けている
○最低気温8℃以下の日が続く

○昼夜の寒暖の差が激しい

○湿度が比較的低く、乾燥している
などなど。






ちらほら紅葉が見られるほど、この界隈も随分肌寒くなってきました。





少し寒くなりかけた1ヶ月ほど前のこと。

娘たちがユニクロのパーカーを買いたいと言うので車で送っていきました。

閉店も近い時間だったので、バタバタと入店するのも邪魔くさく、
お金だけ渡して車で待つことに。





パーカー以外にも買ってるな( ̄▽ ̄)と思うほど、長らく待たされた。





戻ってきた娘たちの手には大きくパンパンに膨らんだ袋が1つずつ。





車に乗り込んできた娘たち。




まずはかなり多めに渡したお金を返してもらおうと手を出すと、

なんだか2人で困った顔して見つめ合う。



余るどころか足りなく、残りは長女が払ったと言う。




あ、欲しい服があったのか。

多めに渡して正解。

残りも払ってあげるよー。

なんて優しい親心をだしたのに、
答えは不正解。





『ママとパパも似合うと思って!』

『みんなでお揃いにしようと思って…』




娘たちは3枚ずつ。

ママとパパに2枚ずつ。

合計10枚のパーカー!(O_O)




時期が時期だけに、お店の人には


「学園祭ですか〜?」


「何かの発表ですか〜?」


と聞かれたそう。




私、いつ着るのー?(´・ω・`)

なんて思っていたけど、

この季節にもってこいの暖かさとざっくり感。




いいわユニクロ♪


白いパーカーにロングスカート。

似合ってるような気もするが、

こんな格好、高校の時にしてたような気が・・・。




この歳でこの組み合わせで着ていいのか?
と思い悩みながらも、

洗濯のハンガーから取ると又すぐ着るというサイクルが、
ここんとこ出来上がっている。








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月18日水曜日

『今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ』





10月18日、今日の京都市左京区は曇り。





昨日は全ての家事を放棄して寝る!ということをしてみた。

今日は仕事もお休み。





久しぶりの熟睡。

いや爆睡。






ゆっくりと休むことができました。





たっぷり寝ると、
この年なりに肌がツヤっとなっているような気がして、思わず鏡を二度見。

まぁ、これも時間が経てば元に戻るのだが。





「休む」とネットで調べてみると、






「休む 英語」

「休む 理由」

「休む メール」

「休む  韓国語」

「休む 罪悪感」





と出てくる。





罪悪感か。

なんとなく、日本人らしいな、と思った。

日本には苦労を美学とするきらいがあるからなぁ。





睡眠は、
「脳と体を休める」「ストレス解消」「成長ホルモンの分泌」などのために必要です。

成長ホルモンは新陳代謝が活発にし、脂肪を燃焼させるから、大人にも必要になる。






ダライ・ラマ14世が言っている。





『睡眠は最高の瞑想だ』と。






シェークスピアが言っている。





『今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ』と。





残していた家事も、起きてやるとサッサと片付きました。






たまには良いですね♪






今後のことを考えずに眠るのも。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月17日火曜日

work to live


10月16日、今日の京都市左京区は雨。

南下しているとはいうものの、秋雨前線の影響で雨が続いています。






ふと手にした本に書かれた言葉に、

体の真ん中らへんをグイって掴まれました。






『遊ばざる者、働くべからず。』







パラパラとページをめくると、今度は






『休みたいのなら、なぜいま休まない?』








おぉ。と思った今のわたしは、

どうやら、遊び足りていなく休み足りていないようです。




日本人は働きすぎだとよく聞きます。






日本人の労働時間は世界でもトップクラスなのに、

1時間当たりの労働生産性は、先進国の中でも極めて低いとか。






おそらく、「無駄に」「生真面目すぎる」日本人の性格モロモロが、
そのような結果を招いているのでしょう。






日本の労働時間を見た欧米の人々は、

日本人の人生を

「live to work(働くために生きる)」

と表現しています。






彼らは

「work to live(生きるために働く)」をモットーにしていますから。






じゃあ

「生きる」ってなんだろう?






そう考えた時に開いたページには、
こんな言葉が書かれていました。







『魂にとって心地よい生活がしたい』と。







魂が望む人生が、私たちを心地よくさせるのかも。






「心地よい」
と感じることを選択していけばいいのかも。





一冊の本を手に取ったことにより、
そんなことを考えさせられました。








あなたの魂が「心地よい」と感じるのは、




どんなことですか?








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月16日月曜日

それ、老眼のサイン?



10月15日、今日の京都市左京区は雨。





雨だからか日曜日だからか、今日は車の流れがグダグダ・・・

急いでいるからこんなふうに思ってしまうのかな?

こういう時こそ安全運転安全運転。






雨の夜は運転しにくい。
昔は逢魔時(おうまがとき)の時間帯こそ見にくいなぁ、と思ったものだけど、

最近めっきり夜の道が見えにくい。






自分では乱視のせいだと否定したいけれど、

じわりじわりと確実に老眼ってやつがやってきている。






昔、スキーのとてもうまいじっちゃんがいた。

ガリガリで骸骨みたいだけどオトコマエのそのじっちゃんは、
じっちゃんのくせにスキー連盟だかなんだかの
超偉いさんだか超尊敬されてるだか超怖がられてるだかの人で、





そのじっちゃん、

昼間はどんなコブでもどんな斜面でもスイスイ滑り降りるのに、

夜になると老眼のせいで段差が見えにくいらしく、
何度か尻もちをつきつつ滑り降りていた。





どんなにうまいじっちゃんでも、
子供のわたしから見たらガリガリのおじいさん。


痩せていて身軽だから、
尻もちをついてもすぐに立て直しスイスイと滑り降りていくのだけれど、
大丈夫かなぁと不安でしょうがなかった。





そんなスーパー爺さんにさえ尻もちをつかす老眼って、なんぞ??





目の機能が衰えてきているってことは私も感覚でわかるけれど、

実は、歳をとると、
瞳孔が若い頃のようには大きく開かなくなってくるらしい。




暗いところで、
瞳孔がいちばん開いた状態の直径が、


赤ちゃんのころには約2㎜
成人になると4〜6㎜

そして加齢とともに小さくなり

高齢者ではまた約2㎜
に戻るのだとか( ̄O ̄;)





目から入る光の量が若いころより少なくなってくるので、
夜や暗い場所では見えにくくなるのだそう。


モノサシをもって鏡の前に行ってみた。




目に手を近づけて影をつくる。





暗がりでの私の瞳孔何ミリ?




ん?
ん?

あれ?





暗くしたら、
自分の瞳孔がどれぐらいの大きさか見えにくくなって、測るどころの騒ぎではない。





瞳孔を見るために手をのける。



ちゃうやん。Σ( ̄◇ ̄;)ノ







鏡の前から立ち去った。




モノサシも元の位置に戻した。








心にモヤっとしたものだけが残った。








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月15日日曜日

東映太秦映画村「侍Tシャツ」




10月14日、今日の京都市左京区は曇り。

一面雲だらけの曇り空なのに、

雲の向こうには太陽がある、

そんなことを思わせる雲の色でした。






今日のような日は長袖が心地いいけど、

数日前の夏日を思わせるような日には、

10月といえども半袖が心地よかった。





家にいる日だったので、

こんな時こそ、と

買ったものの全然着てないTシャツを着てみた。

娘たちと買い物に行くと、
ママの分パパの分と選んで一緒にカゴに入れてくれるので、
スポーツロゴの入ったTシャツなど、
ほとんど着ないのにちょこちょこ持っている。






しかし今回着用したのは、
家族で東映太秦映画村に行った時に買った「侍」Tシャツ。

黒地に白で「侍」と書かれたTシャツは、
思いの外似合った。





黒色が、

加齢とともにつけている何かを引き締めて、
いつもより若くいつもより元気に見せてくれた。






この絶妙な薄さ加減!

安物な涼しさが、最高に気持ちよかった。





そんなTシャツ姿に驚き喜ぶ娘たち。





そもそも4人でお揃いしようぜっ!ってノリで買った侍Tシャツ。






ママが着たから、みんなで着れると思い喜んでいる感があった。






しかし、

似合ってると笑う次女の目の中に、

少しだけ羨ましそうな光が宿ったことを、
親の私は見逃さなかった。





「これあげるよー、縮めちゃったからねー」






次女の侍Tシャツは白地に黒字での「侍」。







1ヶ月前、買いたてのガス乾燥機の幹太くんで乾かすのが楽しくって、
なんでもかんでも入れてみたらキッズサイズのように縦が縮み、
侍の字がアンバランスに大きくなって滑稽な姿になってしまった。




次女も部屋着として着ていたので、
縮んでてもいいよーと気にせず着ていたけれど、


「いいよいいよ!似合ってるしママが着たらいいよ!」
と言った目からは、

『えっ、いいの?』という心の声が読み取れた。





うん、あげる。




この侍Tシャツあげる。






すごく着心地いいけどあげる。








だって・・・






これを着てたら、

宅配便が来ても、出れない自分がいるから・・・。







ね。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月14日土曜日

半数以上の人が間違って使っている言葉




10月13日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

激しい雨は降らなかったけど、降ったり止んだりしていました。






テレビ番組でやってたのかニュースでやってたのか、
今日はこんな話を教えてもらいました。





半数以上の人が言葉の本来の意味を間違って使っていて、
それがまかり通ってきているとか?





例えば
「話のさわりだけ聞かせる」

「話のさわりだけ読んだ」の『さわり』は




『話などの要点』なのか『話などの最初の部分』なのか??







どちらで使ってます?








正解は『要点』なのですが、
調査では半数以上の人が間違って使っていたそうです。




私事ですが、小学生高学年の時まで間違って使っていて、指摘されて
えーっヽ( ̄д ̄;)ノってなった言葉に

『情けは人の為にならず』があります。






これは「間違いそうで有名」だから、
結構みなさん正しく使っておられると思います。






×:他人に情けをかけることは、その人のためにならない





○:人に情けをかけると
それがめぐりめぐって自分のためにもなる






「だれかに親切にしてあげると

その人はいつか恩返ししてくれるよ。

だから誰にでも親切にしましょう」





という意味なんですね。






古語、ややこしいねん。です。






そして、こちらも私事ですが、
『先見の明』も間違って使っていました。





・・・はい。

ご想像通り『先見の目』だと思っていました。

それも結構いい歳になるまで。( ̄O ̄;)

といってももう何十年も前の話ですけど。
・・・という、ちょっとだけ言い訳(^^;;






とはいえ、これは『目』でもいいんじゃないか、
なんて、ちょっぴり今でも思ってしまうのは、

『明』の意味がしっかりわかってないからだ!!
と、今気づいたので調べてきました。












「明」という漢字は、
"(物事の道理を見分ける)能力・才能"という字義を持ちます。


「法律に明るい」といった「○○に明るい」の表現には、
"○○に関する能力・才能"を持つ、すなわち”○○に詳しい”という意味。



はぁ、なるほど。なるほど。





だから「先見の明」って言うのね。納得。







とはいえ、やっぱり「先見の目」でもいけるような気がする・・・(O_O)!







しつこい。笑





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月13日金曜日

「母」がつく言葉



10月12日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

お天気は下り坂。

肌寒くなるのかと思ってたのに、
案外そんなこともありませんでした。





開けていた窓から聞こえる情熱大陸の音楽♪

洛北高校の体育祭かな?

母校です。懐かしい。






「母校」かぁ・・・。





なぜ「父校」とは、言わないんでしょうね?







そういえば、「父」とついてもよさそうなのに
「母」がついている言葉って結構ありますね。

母校・母艦・母国・空母・・・
母なる大地!!・・・・

・・・ネタ切れです_| ̄|○





あっ、分数の分子の下の分母もそのたぐいにはいるのかな???(°▽°)







母は強し!みたいな感じから、

母は優しく包んでくれる♪
みたいな感じから
こういうデッカイ存在は「母」になるのかな?と思いきや、





女性名詞と男性名詞の区別がある国の言語の直訳だという人も。





単語は、

国によって、男性・女性の割り当てが異なるものもあるので、






例えば フランス語・ドイツ語など
ほとんどの言語で「都市」は女性名詞であるため、
日本語もこれに倣って
友好関係にある都市同士を「姉妹都市」と呼ぶのだそうです。





あぁ、それで姉妹都市ね!と納得。






ロシア語では「都市」は男性名詞に当たるため、
ロシアの都市と友好関係にある日本側の市では
「兄弟都市」と呼んでいるそうです。





これは、知らなかったです!






では、これはナニ?







男女平等が叫ばれる以前のハリケーンに、

当初の米国海軍や空軍の気象学者が彼らの恋人や奥さんの名前を愛称として、
つけていたのは・・・?






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月11日水曜日

刷り込み



10月10日、今日の京都市左京区は晴れ。

今日もいい天気。暑い・・・。




今日は「体育の日」ではない。




改正前の祝日が刷り込まれている昭和生まれには、

どうしても10月10日は体育の日だと思いたい節がある。





成人の日もまた然り。

どうしても1月15日だと思いたい。





これはハッピーマンデーの恩恵を受けられない職業に従事している
心の狭さからなのだろうか?





それとも単に頭が古くさくかたいのか。





体育の日が10月の第2月曜日になったのは西暦2000年だという。

もう改正から随分と年月が経っている。






将来は「山の日」が、月曜日に移動する予定だそうだが、

これは別にどうでもいい。

いつのまにか出来ていた祝日で、

昭和生まれには、なんら刷り込まれてはいないからだ。








話は変わるが、

洗面台にある歯ブラシの置いてある場所の話。






リフォームをした時に、
バーンと大きい鏡を付けるのもおしゃれでアリだと思ったのだけど、

どうしても化粧水やら何から何まで収納したくて、やめた。





IKEAで鏡付き収納を買ってきて、それを三個並べて、
三面鏡のように開くように1つだけ上下(左右)を逆に設置してもらった。




その洗面台の鏡に向かって右側に歯ブラシは収納されているのだが、

なぜか時々左側を開けそうになる時がある。





遡って考えると、
リフォーム前も右に収納。

この家に引っ越す前の洗面台でも右側の開きの中にあった。

その前も右、その前の新婚当初はアパートだったので、
キッチンに隣接する洗面台の鏡は平面で
右側に歯ブラシを置いておくスペース
があったのを覚えている。





考えてみると、なんやかやと結構引っ越してきていて、

それをずっと遡って考えると、

小学校3年生から中学3年生の前半まで住んでいた家の洗面台には、
左の鏡扉の中に置いてある歯ブラシの映像が浮かんでくる。






小学校2年生の時のマンション。

その前の祖父母の家。
この2つは映像がぼやけて思い出せないので、
右側か左側か全くわからない。






ということは、

この、左側を開けそうになるという行動は、おそらく何十年も前の習慣。







これも刷り込み?




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月10日火曜日

丹波の黒豆の枝豆



10月9日、今日の京都市左京区は晴れ。

蒸し暑い?長袖着てるから?





10月だけど、風も無いしサーキュレーターをまわします。





今日、今が旬の丹波篠山の黒豆の枝豆をいただきました♪
10月だからこそのシロモノ♪





サヤの中には大きな粒。

黒豆がサヤの中で熟成して黒くなる前の、
青いサヤの茎付き葉付きの枝豆です。

何個か茶褐色の斑点が出ているものもあります。






ハサミで切ってはもったいないので、手でもぎ取り粗塩でゴシゴシ。








・・・『塩』って、すごいですよね。





日々、なにかと大活躍してくれている塩ですが、

家庭用の塩なんてほんの一部!って言えるぐらい、
工業製品やら何やらに使われているんですって。






例えば「道路の凍結剤」






濃い塩水は、マイナス20度ぐらいまで凍らないので、
道路に撒いて路面の凍結を防ぎます。





日本では、この使用量で家庭用の4倍以上だとか。







油おとしやカビおとし、ゴキブリ駆除なんかにも「塩」が使われています。





プールの消毒などの塩素にも「塩」



石鹸や洗剤にも「塩」






ガラス製品、ホーロー製品、塩化ビニル製品、アルミ製品、
パルプを作るのにも「塩」を使うそうです。





塩って貴重品ですねー。



ありがたいです。






しかし、枝豆って、食べだしたらとまりません。



これで終わろう、と思うのに、あと一個あと一個と手が伸びる。






今日の枝豆は、塩加減もちょうどいい。






いい塩梅だ♪








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月9日月曜日

クレジットカードの不正利用





10月8日、今日の京都市左京区は本当に気持ちのいい晴れ♪

葵小学校から聞こえる区民運動会の軽やかな音楽♪楽しそうな声♪





そんな爽やかなお昼時に、
カード会社から利用確認の電話がかかってきました。






不正利用されてないかの確認です。





読み上げられる日時と店名と金額。





Amazonや楽天の購入履歴を見ながら、
「はい、買いました」と返事する。





なんとなく安心なので、買い物はAmazon・楽天・Yahoo!が中心になっている。






覚えがないのは、カードでの最新の購入分。






【 オランダで使用された36万円 】







「使ってないですねー」の一言で、
「はい、わかりました」とのこと。





とにかく、このカードはストップに。





え?え?え?





カード使われたの?!




え?こわっ!




こわいんですけどぉ!






昨日のブログ、

「予定日に届かないAmazon」の中国の業者にカードのなにかを抜かれたのか??



え?こわっ!
膨らむ妄想。





ネットで調べると、
不正利用について、
カード番号と有効期限だけで決済が出来ると言っている人もいる。

マジか?!





どんどんどんどん、妄想は膨らむばかり!






いやいや、妄想はイカン。





これは、Amazonにも聞かねば!!


ということで、Amazonに電話。


オペレーターのお姉さんが言うには、

相手業者にお客様の住所と名前の情報は渡しますが、

相手業者が誰であれ、
カードの情報はAmazonが管理していて、

一切流れないようになっています。


とのこと。





船便は遅くなってしまうことが多く、

また、10月は中国は、なんとかっていう連休らしく、
遅く着くのは、ごめんなさい、とのこと。



カード情報が漏れたのがAmazonじゃないなら、
楽天?
それともスキミング?




とにかく楽天に電話をしようと思ったら、時間外でした。






遡って数ヶ月分のカードの明細書を見てみましたが、
今のところ覚えのあるものばかり。
大丈夫な様子。






しかし、これだけ便利にカードで買えてしまう世の中。



パスワードの変更も大事だろうけど、


とにかくちゃんと利用明細をみておくこと!!




身に覚えがない支払いは、60日以内なら補償が適用されるそうです。







カードが再発行されるまで、Amazonも楽天も出前のAmazon決済も使えません。






あぁー不便だ。ヽ( ̄д ̄;)ノ




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月8日日曜日

予定日に届かないAmazon




10月7日、今日の京都市左京区は曇り。





10月1日までに到着予定のAmazon注文商品が

本日やっと到着しました。





急いでいる品物ではなかったけど、
こんなの初めて。






注文したのは9月の1週目ぐらい。






ワンクリックで注文することに慣れてしまって、
翌日、もしくは数日で届くものだと思っていました。





あまりにもこないので配送状況を調べてみたら、
9月15日に発送したとのこと。





遅っ。(´⊙ω⊙`)





え?日本からの配送じゃないの??

そりゃ遅いわ。






しかし、10月2日になっても、荷物は届けられず。






なんでー?どこかに埋もれてしまってる?





荷物を追跡しようと思い配送業者さんを見ると、

クロネコヤマトさんじゃなくて、ChinaAirPostさん。






んんん?





「Amazon  届かない」とネットで調べると、出てくる出てくる。

悲報がぞくぞくと。





クロネコヤマトさんが忙しすぎてAmazonから撤退するとかしたとかで、

新しい提携業者さんたちが参入したものの、
うまくいかないことが多く、
荷物が届かない人が続出だとか。






もう1つは、私のパターン。

なぜか中国や台湾の業者さんからの発送のパターン。




この場合、配送予定日はアテにならないよう。





Amazonに電話して聞いた方がいいのかな?
と思った時に、ネットでこんな記事を見つけた。





『Amazonのカスタマーセンターに連絡したら
「我々も連絡が取れないんです」と驚愕の回答が。。』





えっ?


こわっ。



と思ったら、





『配送予定日はすぎるけれど、待っていたら届きますよ』
というような記事も・・・




その言葉を信じて待っていたら、
乱雑な包装でポストインされていました。





中身は、表示よりも10センチも短いシロモノでしたが、
まぁ、来ただけマシ。






Amazon便利で大好きなんだけど、
ちょっと警戒モード発動中です。






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月7日土曜日

「結構」と「かなり」と「ふつうに」



10月6日、今日の京都市左京区は雨。






雨は結構降るし、

結構寒い1日でした。







うーん。

「結構」って何?

使い方あってる?






たまに自分で使いながら、

「ん?」ってなる言葉があります。





以前、子供たちが使う
「ふつうに」という言葉が気持ち悪くて訊ねたことがあります。





「ふつうにおいしい」

「ふつうにおもしろい」

「ふつうにかわいい」








「おいしい」のか「おいしくない」のか「並」なのか!?






どうやら「ふつう」は、ランキングにするとかなり上で、

「思っていたよりかなり上」
「全然いいやん」
って位置のようです。







では、この「結構」って何?





「かなり」と同じ?






雨は「かなり」降るし

「かなり」寒い1日でした。







「結構」も「かなり」も、

程度としては高い方になるけれど、

非常に高いレベルでははないことは
分かります。





そして、予想以上のレベルであることも分かります。





辞書では、

「結構」はプラス評価

「かなり」は
プラス評価にもマイナス評価
にも使われると書いてあります。






なるほど。





「結構なおうちですね」+

「かなり強い」+

「かなり悪い」−


って感じですかね?






ということは、

「結構降る」「結構寒い」は、

プラス評価で使った訳ではないので、
間違いってこと・・・?|( ̄3 ̄)|





いやいやいやいや( ̄∀ ̄)





「ふつうに」という言葉がまかり通っている時代です。





そうです。

言葉の使い方は、
常に動いているのです!( ̄∀ ̄)






ってことで、

「結構降る」も「結構寒い」も

今の時代はアリってことで!!( ̄∀ ̄)








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月6日金曜日

京都タワーが赤いのは?




10月5日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。





狐坂から見下ろす夕暮れの街。

いつもは遠くに白く光る京都タワーが、

赤くライトアップされていました。





京都では、

10月12日(木)~15日(日)の間、

第4回目となる「京都国際映画祭2017」が開催されます。






映画祭初日に京都タワーが

映画祭のロゴと同じ赤色に点灯されることに先駆け、

今日、10月5日に点灯式が行われたそうです。

ちなみに、点灯ボタンを押したのは、今くるよさん♪





ということで、次回の赤色京都タワーは、

10月12日になりますが、





「ライトアップ」増えましたねー。







桜、紅葉、寺社、橋、タワー

歴史的建造物、樹木、モニュメント・・・






ライトアップされると、

日中の空の下で見るのとはひと味違った
幻想的な世界が、
私たちを魅了します。





私もライトアップが大好きで、
家族でよく出かけます。









でも、





空気の澄んだ晴れた日に
是非ともしてほしいことがあります。







それは、「ライトアップ」ではなくて、






『ライトダウン』







照明を落とし、

電飾を切り、


みんなで空を見上げてみたい。






この日本から






いったい、どれだけの星を見ることができるのだろう?



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月5日木曜日

ダンボールの中にいたものは…




10月4日、今日の京都市左京区は晴れ。

少し風が強いけれど、気持ちのいい秋空です。






少し大きめの荷物が届いて、

中のものを引っ張り出して、

ダンボールはそのままに、

中のものをセッティング。






セッティングに時間がかかり、

ようやくダンボールの片付けに。





ん?

中に何かいる。



我が家の愛犬『ぽめきち』です。








今じゃお気に入りの場所になってしまって、






子供たちには、よくわからないネーミングをされて、





ダンボールが処分できない。







・・・


めっちゃ邪魔。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月3日火曜日

ジレンマ




10月2日、今日の京都市左京区は雨。

ずっと降っています。





しとしとぺちゃぺちゃしとしと。


事務所で仕事をしていると、

青伸ホームの庭を打つ雨音が聞こえてきます。








雨の音って、どういう風に聞こえるんだろう?






少し耳を澄ましてみました。








ぺしゃぺしゃぺちゃぺちゃぱちゃぺしゃ。





もっと違う風に聞こえているのに、



自分のボキャブラリー?の少なさに唖然としました。





聞こえている雨の音がうまく表現できないのです。







小学校では擬音語はカタカナで
書くようにと教えるようですが、


今日の雨音を私なりに表現すると、
ひらがな表記の方が似合ってる。





ぺしゃぺしゃぺちゃぺちゃぱちゃぺしゃ。






ペシャペシャペチャペチャバチャペシャ。





うん。ひらがな表記だ。










しとしとしとしとしとしと…



擬態語はひらがなで書くそう。








シトシトシトシトシトシト…





うん。これは、ひらがなが似合ってる。








音の表現の難しさに気づきました。





今聞こえてる音を

擬音語で表してみてください。





例えば、服を指で掻いたりさすったりしてみてください。




シャリシャリ?シャッシャ?





頭を軽く掻いてみてください。




ポリポリ?




本当にそう聞こえますか?




もっと違う音に聞こえませんか?






今聞こえている音に耳を澄ましてみてください。





足音、物と物のが当たる音、





どんな風に聞こえますか?






もっと耳を澄ましてください。







・・・


本当にそんな風に聞こえてますか??


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月2日月曜日

ブライダルベールの育て方






10月1日、今日の京都市左京区は曇り。




先日購入した、葉の表が緑色で葉の裏が紫色の「ブライダルベール」の苗。

今日、早速小さく可愛らしい白い花をいくつもつけているのを発見しました。





一年を通して花をつけるようなので、これからが楽しみです。





さて、今日から10月です。

October です。





この「October 10月」という単語を考えるたびに
「Octopus タコ」を思い出すのは私だけでしょうか?






足が8本のタコをoctopusといい、

八角形をoctagon

八面体をoctahedron と言い、

oct-は8を意味する接頭辞です。






ここで気になるのが、

なぜ8月がAugust で

10月に8を意味するoctが使われているのかってこと。





ちょっと気になるので調べてみると、

やはり賢者たちがスラスラと要領良く書いて教えて下さっていた。





英語の月名の由来は、古代ローマまで遡るらしいです。

古代ローマの暦では、3月が最初の月とされていたそうで、
1年は10の月しかなかったそうです。





3月が1番最初の月となれば、8月は6番目の月。

元は、sixth、6番目を意味する「Sextilis」という名前が付けられていたのですが、

ローマ皇帝アウグストゥス Augustusが、
自分の名前にちなんだ月名に変更し、「August」になったそうです。





10月は3月から数えて8番目の月。

そのため、8を意味する「oct」をつけた「October」となったそうです。



なるほどなるほど。
わからないことをすぐに調べられるって本当にありがたい。





場所をとっていた百科事典を処分して久しいけれど、

スマホ片手になんでも調べられて、
ほんとに便利な時代です。








ブライダルベールの育て方も調べよーっと。


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年10月1日日曜日

この庭の行く末


9月30日、今日の京都市左京区は気持ちのいい秋晴れ。

今日運動会がある、と、何人かの小学生から聞いていたので、
いいお天気に恵まれて良かったです。





朝早くから仕事で出かけていた青山社長。

昼前に帰社した時には、
左手の甲いっぱいに
色とりどりのメモ書きが・・・。

手へのメモ、健在のようです。





出先で何軒も電話がかかってきていたようで、
危うく腕まで行きそうな勢いでした。笑






そんな青山社長、

最近、ちびちびと、

そしてニコニコと、
なにやら1メートル弱の高さの苗を買ってきて、
植木鉢に植え替えています。





先日は栗の木の苗。

そしてサクランボの苗。





次は、山椒

そして金木犀。





庭の塀に沿って並んだ植木鉢が増えてきています。





青山社長、この庭をどうするつもりなんだろう・・・。





地植えする気は、一切ないようだけど・・・











雑木林になっちまうんじゃねーかい?







【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月30日土曜日

警告 「天高く馬肥ゆる秋」




9月29日、今日の京都市左京区は晴れ。

爽やかな秋晴れです。

綺麗な青空です。





「天高く馬肥ゆる秋」というだけあって、

馬ではない私の食欲も増進中。

代謝能力があからさまに落ちている昨今、

このままでは行く末は見えています。





確かに秋の空は高いです。

雲の位置が高いような気がします。





のんびりとした秋の日に、

この「天高く馬肥ゆる秋」という故事が頭をよぎったわけですが、



原典の漢書は、なかなかキビシイお話なのです。





漢書には

「秋至れば馬肥え、弓勁(つよ)く、即ち塞(さい)に入る」

と書かれているのですが、





夏に草をたくさん食べた匈奴(北方)の馬たちが
攻め込んでくるという警告の意味なんです。





つまり、『秋は戦いの季節になる!』

ということを当時の中国人たちに示唆した言葉なのです。





秋は収穫の季節。

略奪を企む匈奴たちは、夏の間に争いのためのエネルギーを蓄えていたのです。


「天高く馬肥ゆる秋」とは、

「馬が肥える頃になると争いが起こる、国民は戒めて防戦の準備をせよ」

という警告だったのです。






匈奴が滅んだ後は、
現在の意味である秋の爽やかな天候のことを示すようになったそうです。





のどかな日々を過ごさせてもらっている私には、

「食べ過ぎ注意」って警告に感じますけどね。

【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月29日金曜日

ジェネレーションギャップ





9月28日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。

いい風が吹いているなぁーと、

窓を開けていると肌寒く、

窓の開閉を調節をしながらのお仕事でした。





今回は、
ご近所のおばあちゃんと会話をしていた時に出てきた「ある言葉」のお話です。





おばあちゃんのおうちの裏の、

何年もずーっと空き家だったおうちに、

どうやら誰かが引っ越してきたらしいのです。





夕方になり肌寒くなってきたので、
少し開けていた窓を閉めようと、
おばあちゃんが窓辺に近づくと、

裏のおうちに灯りがついていて、

窓から外を見ている人影に気づいたそうです。





人が居ると思ってないところに居ると驚きます。





しかも、その時のおばあちゃん、

裏の家は空き家だと油断していたので、

かなり「いい格好」をして窓辺に近づいてしまったそうです。






「驚くよねー!」

「家の中丸見えだっただろうねー」

「引っ越しの挨拶が無いので、まだ完全に引っ越しがおわってないのかもね」
なんて、お話していたんだけど、






この「いい格好」って意味、わかります?






うちの上の子にこの話をしてみると、

案の定ケラケラと笑いながら、

「おばあちゃん、いい格好して窓閉めに行く必要ないしwwそれ必要ないしww」
と、きたもんだ。





やっぱり。





下の子に話してみると、

「カッコつけて窓閉めにいかはったん?」
だと。




やっぱり。





幼い頃から私たちは、

「そんないい格好して座ってたらアカンよ」
とか、

「そんないい格好して出歩いたらアカンよ」
とか、
注意を受けて育ったものですが、





この「いい格好」すなわち
「変な格好」「あられもない姿」
が伝わらないのは、

ジェネレーションギャップ??

京都弁?なに?






今ふと思いました。




「あられもない姿」は、ヤツラに通じるのだろうか??






あられ・・・。





聞いてみよう。










【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月28日木曜日

クツワムシ?



9月27日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り時々雨。




九州では、カメムシが大量発生だとか??





娘がネット上に載ってる写真を送ってきてくれて、その大量さに驚きました。





最近黄緑色のカメムシが網戸についていることが多いなぁー、
と思っていたのですが、
これも大量発生の影響?




そんな網戸のカメムシの横のガラス窓に、
なにやら6、7センチぐらいの緑色の来客が。

バッタ?と思い近づくと、あまり見慣れぬお姿。





それよりも、このツルツルのガラス窓に、どうやってくっついているんだろ?




何時間も全然飛んでいかないし、

どうやらメスのようだし、
まさかここに産卵?土の中で産むタイプじゃないの?





だんだん心配になってきたときに、青山社長が帰社。





クツワムシかなぁー?

ツユムシかなぁー?




というので、

クツワムシをネットで調べてみると、




クツワムシのオスが「ガチャガチャ」と鳴く動画を発見。

このガチャガチャという鳴き声が、
馬につける「轡(くつわ)」の音に似ていたことから
「轡虫(クツワムシ)」なんだそうだけど、





面白半分で珍客に聞かせてみると、




おぉ!動き出した!




長く折り曲げた足をゆるゆると動かしだしました!








え?この反応の仕方は、やっぱりクツワムシってこと?
ウキウキとしながら観察していると、
自動再生で次の鳴き声「マツムシ」になってしまいました。


すると急に逃げるように動き、バサァーと、飛びたっていってしまいました。




単に、警戒させてしまっただけのようでした。




その後いろいろと画像検索して、

結局は「サトクダマキモドキ」という「ツユムシ」の仲間だどわかりました。




もう少し観察したかったのに残念です。





サトクダマキモドキの鳴き声、聞かせた時の反応見たかったなー。






残念。









【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月26日火曜日

やさしすぎる君へ






9月25日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

外も暑かったけど、室内もなんとなく暑め。

サーキュレーターで空気を循環させて仕事をしました。






最近、悩める人たちに会うことが多かったです。

その年齢は若かったり少し上の方だったり、と、様々なのですが、

みんな良い人ばかりで、優しすぎるからこそ悩んでしまうように感じました。





本棚に「やさしすぎる君へ」という本があったことを思い出し、手に取ってみました。





久しぶりに読み返してみると、
そこに、
こんな言葉がありました。






苦しいことがかさなると

「どうして自分はつらい思いをしなくてはならないの?」

と不満に思うこともある。





苦しいときに「苦しい苦しい」といっていても

苦しみは続いていくだけ。

ストレスがやってきたら、

それは自分の器を広げるチャンスがきたという証拠。

起こっている状況が今の自分の器では収まりきらないから感じるストレス。






もしも人間関係に悩んでいるならば、

その人を嫌な人と決めつけているのをちょっとやめて、
こう自分に問いかけてみる。






「この人がもしも私の師匠ならば、
なにを学ばせにやってきたの?」





苦手と思っている人を「師匠」と思ってみると、
その人から学べるようになる。
声をかけられる度に「やだなぁ」と思うのではなく、

心の中で「はい、師匠」とつぶやいてから振り向いてみる。

師匠は、ときに厳しく教えてくれるもの。






自分が変われば、必ず相手も変わる。





相手が悪いからと、相手を変えようとしている以上、

どんな問題も解決しない。
それは子どもに対してもそう。

子どもがお茶をこぼしたら怒らずに、

「私の『許す』という心を育てるためにわざとお茶をこぼしてくれたんですね」

そう呟くだけで、イライラも小さくなっていく。






出逢う人、みな師匠。




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月25日月曜日

夢は何色?



9月24日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

お日様が照っているときは、少し汗ばむぐらいの陽気でした。





突然娘に聞かれました。

「白黒の夢って見たことあるー?」って。






そーいえば、子供の頃は「今日の夢には色が付いていた!」と、

嬉しおっかなびっくり、だったのに、

最近では、色付きの夢が当たり前。






むしろ、白黒の夢なんか全然見なくなっていることに気づきました。






自分のこの経緯を考えると、

これはやはりカラーテレビの影響が大きいんだろうな、
と思っていたら、娘が、ある記事のコピーを送ってきてくれました。







『視力に問題のない人の12%が、白黒の夢を見ると言われています。

残りの88%はフルカラーの夢です。





1915年から50年にかけて行われた調査では、
過半数以上が夢を白黒で見ていたという結果が出ています。





60年代に入り、カラーで見る率がどんどんと多くなり、
最近では25歳以下で白黒の夢を見る率はわずか4.4%にまで減少しました。





はっきりとした理由はわかっていませんが、
これは映画やテレビが白黒からカラーになったことと関係があるようです。』







なるほどねー。

やっぱりねー。

そーだよねー。






ということは、この子たちがこれから見る夢は、

3Dメガネをかけて見る映画のように
飛び出してくるのかな?!








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月24日日曜日

外国の語呂合わせ



9月23日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。





「9月23日。不動産の日です」

今朝は、我が子を車で送っていかなくてはいけなかったので、
そんなカーナビの声から1日が始まりました。






秋は不動産取引が活発になる時期であることと、
「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合せから、だそうです。






〇〇の日、とかって、語呂合わせ好きだよねー、なんて思って、





ふと、このような語呂合わせって、

日本人の特権なのでは?

なんて思いました。






そこで、
例えばアメリカ人なんかは、
どうやって語呂合わせしてるんだろう?と調べてみると、




それぞれの単語を構成している
「アルファベットの数」を数えて語呂合わせにしているようです。






どういうことかというと、

例えば、




May (3), I (1), have (4), a (1), large (5), container (9), of (2), coffee (6) ……



(大きな器一杯分のコーヒーをください……?)





これは、円周率、パイπの覚え方なんだそうです。





「3.1415926……」




難しっ!(´⊙ω⊙`)







普通に覚えた方がラク?なんて思ったりもするのですが、

内容(使う単語)を関連づけたら、

意味と語呂がバッチリ合って忘れないかも?!





ここで問題です。



次の英文は、歴史上のどんな出来事を表しているでしょうか?!






【  I (1)sighted (7)Thomas’s (7)rights(6)

(私は、トーマスの権利をいくつか見た。)】






これは、1776年  アメリカ独立宣言の語呂合わせなんだそうです。





「アメリカ独立宣言」とは、
北アメリカの13の植民地がイギリス本土からの独立を宣言した文書で、
その主な作者は、後の第3代アメリカ合衆国大統領、トーマス・ジェファーソンです。







なるほど。
とは、思うけれど、長っ!(´⊙ω⊙`)






では、こちらはどうでしょう?





【  I (1) captured (8) south’s (6)  flags(5)

(私は、南部の旗を捕らえた。)】





これは、1865年   南北戦争の終結をあらわすそうです。






「南北戦争」とは、
奴隷制度に反対するアメリカ合衆国と、
奴隷制度を擁護する南部連合との間で、
1861年~1865年の間に行われた内戦のことで、

「南部の旗を捕らえた」だから、
「北部の勝利で」「終結した」
ってところまで、しっかりと覚えられるんだそうです。






1000年代だと、I(私)かA(冠詞)でしか始められないけど、




2000年代になると、He, We, As, If, In, Onなど、
幅が広がって来るんだとか。笑









国が違うとおもしろい♪








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月23日土曜日

彼岸花と曼珠沙華


9月22日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

窓を開けていると肌寒いくらいのお天気でした。





北山通りの緑地帯には、
まっすぐに茎を伸ばし赤く鮮やかで妖艶な花をつけた
彼岸花が何本も咲いていました。





今はもう、かなりお歳を召されたご夫婦が、

その花の名を「彼岸花だ」「曼珠沙華よ」と
お付き合いしたての頃にお互い譲らず言い争ったと聞いたのは、
まだ私が小学生低学年の頃のこと。





子供の頃にそんな話を聞いたもんだから、
それから何十年も、
毎年この季節に彼岸花を見るとその話とそのご夫婦のことを思い出します。






彼岸花には毒が有ると知ったのもあの頃。

触るとダメなのか食べるとダメなのか、
よくわからなかったけど、

(実際には球根部分に毒が有り、
食べると吐き気、下痢、中枢神経の麻痺をおこし、死に至る場合もあるそうです。)


とにかく近寄ってはダメなような気がしていたので、

結局今の今まで一度も彼岸花には触ったことがありません。






墓地に彼岸花が植えられているのは、

その毒で、遺体を動物から守るためだと聞いたことがあります。





田んぼの畦道に並んで咲く彼岸花、

そんな光景をあちらこちらで目にします。






なぜ田んぼに多いかというと、

その毒でモグラや野ネズミを防除するためなんだそうです。






また、
実は、飢饉に備えて植えたという説もあるのです。




えっ?毒が有るのに?

と思ったのですが、


彼岸花の球根にはデンプンが含まれ、
水にさらしたら食用となるので、
昔は飢饉に備えて田んぼのあぜ道に植えたんだそうです。





ちなみに食用にするには、

すりつぶし、充分に水でさらして毒抜きをすることが肝心だそうです。





うぅーん、
充分ってどれくらい??

こわいっ。(−_−;)






危険を覚悟してまで口にしなければならなかったとは。。。





この飽食の時代では考えられない、
昔の方の苦労が偲ばれます。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月22日金曜日

オジギソウの秘密






9月21日、今日の京都市左京区は晴れ。

日中の外は汗ばむくらいの陽気でした。





一昨日のオジギソウのブログを読まれた方が教えて下さいました。





『なぜ、資材置き場と化していた青伸ホームの庭で、

オジギソウだけが、

あんなにも元気に育っていたのか』を。





なんと、オジギソウの原産地は、

一年中気温が高いブラジルなので、

あまり湿地を好まないんだそうです。

その上、競争をさけるために、
他の植物が育ちにくい乾季に発芽し成長するんだそうです。





あぁ(=゚ω゚)ノだから、工事中の夏の間、なんにも水をやらなかったのに、

他の植物は枯れたり弱ったりしたのに、

オジギソウだけが元気に育っていたのですね。納得。






とはいうものの、

オジギソウにも、熱さから来る水分蒸発による干からびの恐怖はあります。





そこでこのオジギソウ、

光合成の必要の無い夜間には
葉を閉じ、
少しでも葉から出る水分の蒸発を防ごうと考えたのだそうです。





オジギソウは、夜になると勝手に葉を閉じて眠ってしまいます。

夜はオジギソウで遊べなくなるのでつまんなかったことを思い出しました。





また、オジギソウが育つ乾季には、
他の植物が育たないので、動物に狙われやすくなります。





そこで、生きていくためにした工夫が、

触ったらすぐに葉を閉じ、枝を折れ曲げるという動きです。





葉と枝が下を向くと、

茎に付いている鋭いトゲに気づきます。





食べられないようにするために、

口にトゲがささるようにしているのだそうです。





そういえば青山社長が鉢から地を這うように
成長したオジギソウの植木鉢を持ってくる時、

「痛っ!痛っ!」と言っていました。笑




食べないのに、

トゲにささっていたのですね。笑






正直、オジギソウには
思ったよりも生きる力があり優秀なので驚いています。





日本へは、

オランダ船により、江戸時代後期に持ち込まれたそうなんですが、

ちゃんと帰化して繁殖しているところをみると、





きっと、おそらく、日本では、

オジギソウも平和ボケしてるんでしょうねー。








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月20日水曜日

オジギソウの秘密




9月19日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。

窓からの風が心地いいです。





久しぶりに庭に出ている青山社長を見ました。





1ヶ月ほどの工事中、資材置き場のようになっていた庭では、

カリカリに枯れてしまった苗が何本もある中、

なぜかタネから育てていた小さなオジギソウが、
横へ這うように枝葉を伸ばし、元気に元気に育っていました。





大きくなったオジギソウを網戸越しの私に見せるために、
嬉しそうに植木鉢を右手に持って近づいてきた青山社長。






蚊が蚊が蚊が蚊が!

Σ(゚д゚lll)

蚊にたかられそうになっている!!





「お願い、逃げてー!」





私はオジギソウなんか見てる余裕なく、

慌てて「どこでもベープ」のスイッチを入れて渡しました。






蚊、嫌いです。





でも、オジギソウは
、子どもの頃から、なんだかとても気になる木で、好きです。





そんなオジギソウ。

実は凄いんですよ♪




手で触れると外敵から身を守るために葉っぱを閉じるオジギソウ。

この動きが単なる反射作用かどうかを知るために
オーストラリアの科学者チームが、

照明の明るさを変化させた環境の中で
オジギソウに水を垂らす実験をしました。






するとオジギソウは、
この水が害を与えるものではないと分かると
葉っぱを閉じたり開けたりする行為を止めたのです。





それだけでもすごいのに、数週間後もそのことを覚えていたのです。






すごくないですか?



植物だからと、あなどるなかれ!です。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月18日月曜日

地震雷火事親父


9月17日、今日の京都市左京区は曇りのち雨。

台風が来る来る、と朝から覚悟していたけれど、
風が強くなりだしたのは夕方を超えてから。





ここ青伸ホーム界隈では、
今回の台風は、そんなに強くなく感じるけれど、

自然災害というか、自然の威力って、

人間がちっぽけに思えるぐらい太刀打ちできないモノがありますね。





かつて怖いものと言えば、

「地震雷火事親父」なんていいましたが、

地震・雷・火事、と災害のあとに親父はおかしい、と、

「親父」が「大山風(おおやまじ)=台風」だという説があるのです。





そもそも「地震雷火事親父」とは、

『世の中で恐ろしいものを順に並べた表現』

なのですが、

昔の「親父」は、災害の次ぐらい怖かったような気もするし、

「地震雷火事台風」と災害を4つ並べたような気もするし、

どちらの説が正しいのでしょうね。






明治29年(1896年)に出された

夏目漱石の「人生」の冒頭で、





空(くう)を劃(くわく)して居る之(これ)を物といひ、
時に沿うて起る之を事といふ、事物を離れて心なく、
心を離れて事物なし、故に事物の変遷推移を名づけて人生といふ、
猶(なほ)麕身(きんしん)牛尾(ぎうび)馬蹄(ばてい)のものを
捉へて麟(きりん)といふが如し、
かく定義を下せば、頗(すこぶ)る六つかしけれど、
是を平仮名(ひらがな)にて翻訳すれば、
先づ地震、雷、火事、爺(おやぢ)の怖きを悟り、・・・





と出てきます。

すでにこの時代にこの言葉があったのか

夏目漱石が作った言葉なのか・・・





1933年に出された、太宰治の「思ひで」では、





「もし戰爭が起つたなら。」といふ題を與へられて、
地震雷火事親爺、
それ以上に怖い戰爭が起つたなら先づ山の中へでも逃げ込まう・・・






と、やはり父親の方で書かれている。






私は「父親説」を支持したい、と、思いますが、





平成生まれの子に、この説は通用するのかな?





うちの子たちにも、わかりづらいだろうなー。





甘いからなぁー、優しいからなぁー、




・・・親父。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月17日日曜日

幸運の予兆





9月16日、今日の京都市左京区は雨。

台風が近づいてきているので、お天気が悪いです。

風が冷たく、窓を開けっ放しにしていると寒いくらいでした。






昨日は晴れていたけれど、

ここんとこ急に風が冷たくなってきましたねぇ。





これは、そんな昨日のお話。






近所の定食屋さんにお昼ご飯を食べに行っていた青山社長。





帰って来るなり、

「またやられたわぁー」

と。





何をやられたのかと思いきや、

ワイシャツの左肩と左胸あたりを見せてくる。





そこにあるのは、少し汁っぽい赤いシミ。





ナニ?





と思ったら、姿が見えないほどに空高く飛んでいる鳥さんのウンチ、だという。





確かに未消化の赤い実が少しついている。




空高く飛んでいる鳥の糞に当たる確率って、いかほどのものなのだろう?

鳥が多いところは別として、

かなり低いのではないだろうか。





それなのに青山社長は何度かある。笑






これはもう、ウンが付いたということで、

幸せの前兆だと信じ込んだ方がいいだろう。






ウン、そういうことにしとこう♪




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月15日金曜日

需要と供給





9月14日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。




大好きで、

会いたい会いたいと思っていたのに、

なかなか時間がとれず、

今日、久しぶりに、やっと会えた友人たち。





改めて年齢を聞くと、9歳も年上でした。





え?まじ?若っ!




年上だというのはわかっていたけど、

9歳も年上ってことは・・・




昔やったら、

もう、

ババアやん!!





若っΣ(゚д゚lll)






9年後に、自分がその若さを保てているのか?

これは、やばい。

自信ないわぁ・・・_| ̄|○






しかししかし。

9歳も年上(のババアたち)から見ると、

9歳も年下(のオバハン)は、まだまだ若く見えるらしく、

この水分の少なくなってきた肌を触り、みずみずしいと言うではないか!

目の下のシワとタルミを見ても、若いしいいなぁ、と、言うではないか!





加齢とともに私が気になっているところを、
ピンポイントで指摘するのではなく、
逆に褒めてくるとは!





ここまで言われると、もう、否定する気もおこらない。





正直、「何を言ってるんだこの人たち?」

と、思っていたのだが、

なにか、ババアにしか見えないオバハンの若さがあるのだろう。





言わせておこう。






あぁ。

そういうことか。




たまに目にする、ジジイにモテて嬉し困っているオバハン。




需要と供給がうまくかみあっている、
アレか。






ひたすら喋り、嬉し困ったひと時を過ごし楽しく解散。




店を出ると、お天道様が眩しく、

「またねー」と手を振る自分が店のガラスに映っていた。




帰宅して、手洗いうがい、鏡をみた。







「何を言ってたんだ、あの人たち・・・」






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月13日水曜日

カルシウム不足




※更新遅れて申し訳ございません。9月12日分のブログ内容です。



9月12日、今日の京都市左京区は、雨のち曇り。





明け方に響き渡った雷鳴で、

家族みんな飛び起きました。





朝方の雨は思いの外きつく、

涼しいからと開けていた窓から吹き込んで
床とサンにたまってしまった雨水は雑巾タオル一枚分も。





朝一番からせっせせっせと動かざるを得ず、

おかげで今日は1日が長いです。





朝の雨の中、

青伸ホームの庭の白いブロック塀に、
一匹のカタツムリを発見。





上へ上へと進みたいのか、
めいいっぱいカラダを伸ばして前進。

なんだか胴長でバランスが悪いです。





青伸ホームの庭でカタツムリを見たのは今日が初めてです。

今日ここに居るということは、普段も何処かに居たわけですよねー。

なんだか不思議です。





子供のころ、
近所に「カタツムリの塀」と呼んでいたブロック塀がありました。




雨が降ると、そこにはカタツムリがたくさんあらわれ、

その中には小さなカタツムリも多く、
なんだか可愛く、
虫かごにいっぱい捕まえて持ってた帰ったものの、

「返してきなさい」と言われ、戻しに行ったことを覚えています。





カタツムリの口には、1万2000本の歯があり、
ブロック塀に集まるのは、

ブロック塀の表面を削って食べているからなんですよね?
殻を形成維持するために、カルシウムが必要だとか?




今日見たカタツムリも、カルシウム狙い?


青伸ホームの塀は、ただのブロック塀に白いペンキを何層も塗って、
綺麗っぽくごまかしたやつなんだけど、
奴は食べながら進んでたの?

せっかく塗ってもらったペンキなのに、削ってたの?





それとも
カルシウムにありつけないから、
裏の家にまわろうと
先を急いでたの?





胴長になってたのは、そのせいなの?

胴が太長い分、殻が小さく見えて、
すごくバランス悪かったよ。





Σ(゚д゚lll)
もしかして、
ペンキを塗ったせいで、

カルシウムが足りなくなっちゃって

・・・


殻が小さいの?




そんなことないか。





・・・あるの?????






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月12日火曜日

長年の疑問





9月11日、今日の京都市左京区は、曇り時々雨。




ガス乾燥機の乾太くんが来てから、どんな天気でも、どんとこいっ!

って感じ。





そして、みんなにもオススメしたいレベル。





なんて、思っていたのに、





どうも、おひとりさま、

「なんでガス乾燥機なんかわざわざ設置したのか」
解せない方がおられたのです。





ガス乾燥機の唯一のデメリットは、

壁に穴を開けて、
「排湿筒」というパイプを屋外に出す工事をしなければならないこと。






高温で、40分という短い時間で乾燥させる時に出る湿気を、
屋外に排出させるための配管工事が必要なのです。





ということで、迷惑がかからないように、

お隣の了承も得ての設置だったのですが、

突然、お隣のおばちゃんの来訪。






えっ?!(´⊙ω⊙`)

迷惑かけちゃった?!!と、焦ったら、

単なる別件での来訪。





ほっ(´・∀・`)

としたのもつかの間、

やっぱりガス乾燥機の話に!!!





えっ?!(´⊙ω⊙`)





と焦ったら、





「匂いも、音も、全然大丈夫なんやけど・・・

なんでガス乾燥機なんかつけはったんか、不思議で不思議で・・・」と。





ん??(・・?)





よく聞くと、朝起きて洗濯して、お天道様にあてて、

普通に生活していて、
どうしてそんなものが必要になるのか?
ということでした。






ヽ( ̄д ̄;)ノそれはその・・・





と、少々わたしの生活っぷりを説明すると、おばちゃん納得。

ここんとこ悩んでた問題が解決したよう。





超納得してくれたようで、
おばちゃん、
満面の笑みで、こう言って去って行きました。





「ズボラやなっ?!

そっかー、納得したわ。

ズボラのために買ったんやなー?!

そっかそっか。

それで買ったんか!
あはは。そっかそっか。

いや、なんで買わはったんやろ?って思ってたねん。あはは」( ´θ`)ノ






( ˙-˙ )






これは何?

ジェネレーションギャップ?





それともやっぱり・・・




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月11日月曜日

顔交換アプリ


9月10日、今日の京都市左京区は晴れ。

今日も暑さの残る1日でした。






iPhone で写真を撮ろうと思ったら、

「ストレージがいっぱいです」の通知。





写真が撮れない。






とにかく、いらない写真を消そう、

と、アルバムを開く。






どれを消そう?と、アルバムを遡ると、

無駄な写真の多いこと多いこと。






特に最近は、カメラの顔認識機能を利用して、

動物など色んなキャラクターに変身出来たり、

一緒に撮ることで顔の交換が出来たりするアプリがあるので、

ついつい楽しくなり撮りまくり、

同じような無駄な写真がアルバムにズラーっと並ぶことになる。





そんな顔交換のアプリ。





娘の顔に私の顔が入ると、張りのある顔になり、

私の顔に娘の顔が入ると、なんだかタレ目に・・・

イヤ、これは、下垂してるんだっ!





改めて、加齢と重力に逆らえず、
自分の顔が下垂していることに気づき、がっくりする。






美しい人やイケメンと顔交換をしてみる。





そのような方達の顔は、骨格が素晴らしいのか、

そこに貼り付けられた私の顔も、美しくイケメン風になり、

よくわからない優越感に浸ることができる。






家族4人で顔交換すると、

誰の顔がどこに入った、とか、それだけで腹を抱えて笑えるぐらい面白い。





特に面白いのが、青山社長の顔に入った場合である。

なんだか、全員、
クリックリのつやっつやの少しオカマっぽい板前さんになってしまう。

顔交換された瞬間に、もう、笑いをこらえられないので、
笑顔満開のクリックリの板前さんとなる。






問題は、青山社長の顔が誰の顔に入るか、である。




なにが悪いのか、どっちが悪いのか。

とにかく、へん。

「ハズレ」なのである。





青山社長には悪いけど、

本当に、

がっくりするぐらい「ハズレ」
なのである。





写真の中の4人のうち、

ひとりだけ・・・

「ハズレ」なのである。




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月10日日曜日

ツクツクボウシ






9月9日、今日の京都市左京区は晴れ。

残暑?

暑い1日でした。






事務仕事をしていると

ふいに鳴き始めるツクツクボウシ。






晩夏から初秋に聞くこの声は、
なぜだか懐かしくノスタルジックな気分にさせます。







ツクツクボウシの鳴き声は人によって聞こえ方が違う、と聞きます。






ツクツクボウシ ツクツクボウシ と、

十数回繰り返し鳴くので、




どのまとまりを一節として捉えるかによって

聞こえ方が違うのかもしれません。






私には、ツクツクボウシ以外の何ものにも聞こえないのですが、





オーシーツクツク

と、逆に聞こえている人の方が多いそうです。





辞書にも、

「オーシーツクツク」『新明解国語辞典』

「おおしいつくつく」『広辞苑』

「オウシイツクツク」『大辞林』






と、逆の方が記載されているほどだから、
そうなのでしょう。






みなさんには、どのように聞こえていますか?










【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月9日土曜日

キラキラネーム


9月8日、今日の京都市左京区は晴れ。





足場がとれて、

青伸ホームの庭への雨戸が開けれるようになったことが嬉しくって、

朝から窓を開けてたけれど、

やっぱり、クーラー無しでは、なんとなく暑い1日でした。





そんな、ちょっと暑い部屋で、

なぜだかキラキラネームの話になりました。





誰かが、ネットで拾ってきたネタです。





ツッコミどころ満載のネーミングに、

関西人ですから、

ツッコミまくるメンバーたち。





当て字なんてかわいいもの。

漢字とその読み方の関係性が全くわからなくなってくること請け合いです。






とはいえ、

この名前が付いている方たちが実在されるのかと思うと、

ツッコンでごめんなさい、とも思うわけで…





http://ailovei.com/?p=29872&page=2






ということで、

お暇な方は、見て、こっそり心の中でつっこんでみてください。







【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月6日水曜日

解き放たれた♪





9月5日、今日の京都市左京区は晴れのち曇りのち雨。






風が抜けるぅー♪

やっと窓が開けられた♪





というのも、

この1ヶ月、工事の足場が組まれていたために、
青伸ホームの北側の庭に面した掃き出し窓と東側の窓の雨戸が、
ずーっと閉められていたからです。






これで、灯りや空調設備がなかったら、

閉め切った真っ暗な部屋となり、また違ったんだろうけど、

どんな生活にも、人間、案外結構慣れてしまうのが不思議です。






でも、

その環境から解き放たれた時の喜び、

爽快感には、ハンパないものがあります。

(*≧∀≦*)






虫が鳴いてるぅ〜(*≧∀≦*)

風がふいてるぅ〜(*≧∀≦*)

外の匂いがするぅ〜(*≧∀≦*)





なんでもかんでも嬉しいし、
ちょっとしたことにも気づくのです。





今までで一番「解き放たれた!」って感じたのは、どんな時だっただろう?

と、過去を振り返ってみると、

高校を卒業した時でした。





今では全くその時の気持ちを思いおこすことが出来ないほど
穏やかな気持ちでいるけれど、

あの頃は、尾崎豊さんの「この支配からの卒業」ぐらい、
大人や先生達やなんだかわからない縛り付けのようなものから
解放されることが嬉しかったことは覚えています。





ヤンキーでもなかったのに。笑

なんだったんだろう、あのときの感情って。。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月4日月曜日

「乾太くん」



9月3日、今日の京都市左京区は晴れ。







やっちまいました。

ちょっとヤバイレベル。






昨日届いた乾燥機。

ガスの洗濯乾燥機の「乾太くん」。





設置してもらった時にお試しで回したタオルやバスタオルは、
たったの40分ほどでふわっふわに仕上がるし、

これはなんともいえない快感。

うっとり(*´꒳`*)






こんなに簡単に
こんなに一瞬で乾燥できるなんて、

もう、干すとこいらんやん。

と、にんまり( ̄∀ ̄)






2回めの洗濯と1回めの乾燥を同時進行出来るから、

洗濯槽にぎゅーぎゅーに詰め込む必要もなくなり、

これぞ洗濯♪と、

ゆったりと回せそうな洗濯槽の余白部分を見ながら、
うっとり(*´꒳`*)





この間に仕事を・・・

と、1時間ほどして戻ってくると、洗濯機がエラー表示に!

え?何?

今から♪って時に、

洗濯機こわれたの?





エラー番号を調べると、給水エラー。





えー!?





ん?





おい、ガス屋のおっちゃん。

ガス乾燥機設置する時に給水栓閉めたのね。

あけといてよ。





仕切り直しで、洗濯開始。




そしてやっと乾燥開始。




縮むものがある、というのは、ネット情報で読んでいたから、

1回めの洗濯は、タオルやら分厚いものをメインに。





残りの洗濯物は、乾燥コースを使い分けよう、と思っていたのに、

なんだか急に、
ま、いっかー、そんなに大丈夫だろー、と、

1回めと同じく、ぜーんぶ乾燥機に放り込んだ。





その結果、




やっちまいました。

ちょっとヤバイレベル。





安物のTシャツがジュニアサイズに。
とにかく丈がすごく短くなっている。

元の3分の2ぐらいになったのでは?





映画村で買った千円ほどの侍Tシャツ。

侍の字がバカでかい比率に。





学校の文化祭でお揃いで作ったクラスTシャツ。

いくらパジャマに格下げになっているとはいえ、
思い出の品なのでは・・・。

ごめんよぉー(ノД`)





安そうな生地のTシャツが縮んだ。




安いのに縮まなかったのが、ユニクロTシャツとベルシュカTシャツ。

生地の薄さが左右するわけでもなさそう。





なんなんだろう。この違い。




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月3日日曜日

鮒鶴

9月2日、今日の京都市左京区は秋晴れ。






夏の間に伸び放題の緑地帯の草木。

これはもう、剪定レベル、と思っていたら、

案の定、道路を1車線塞いでの剪定作業。





そんな光景に、そこらここらで出くわす。





日がとっぷりと暮れてから、川端通りを南に向かうと、
右手に鴨川を挟み川床の電飾が一列に並ぶ。

その光は、
シャンパンゴールドというよりはオレンジゴールドとでも表現するべきか、

温かみのある色である。





二条大橋から始まった光は南に向かうほど明るくなり、

五条大橋の手前、
千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになったという噂の鮒鶴で、
これでもかというほどに光輝く。

有形文化財の木造五層楼閣建築が放つ威風堂々としたその光は、
オレンジゴールドというよりもピュアゴールドと呼ぶのが相応しい。






躍然たる輝かしき向こう岸は、
鴨川を挟んだ車窓から眺めるだけで「静」となる。





それが絶景となっている。





そういえば、夜景もそうである。





夜景は田舎よりも街の方が綺麗である。

都会であればあるほど、家やビルが乱立すればするほど綺麗である。





ネオンやイルミネーション、生活の灯り、

乱立した建物の中や外には溢れんばかりの喧騒と欲。






それを静かな小高い山の上から見下ろす時、

喧騒も欲も「静」となり、人々に癒しすら与えるから不思議である。





いや、不思議なことではないのかもしれない。





喧騒も欲もエネルギーに溢れている。

そのエネルギーがあるからこそ、

「静」となっても人を癒せるのかもしれない。





ただクリーンなエネルギーに変換されただけのことなのかもしれない。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月2日土曜日

心の四季




※更新遅れて申し訳ございません。9月1日分のブログ内容です。



9月1日、今日の京都市左京区は晴れ。






日中は昨日より暑かったけど、

空が「秋の空」です。





久しぶりに窓を開けっ放しにしていると、

虫が鳴いていることに気がつきました。

「秋の虫」です。





最近ずっとクーラーのため窓を閉めていたので、全然気づきませんでした。






庭で鳴く秋の虫の声を聞いていると、

なぜか心が穏やかになりました。







中学校の体育の表現運動で、

「花火を表現してください」って

なんだかこんなことをさせられたような記憶があるのですが、





たとえば今ここで、

「四季をカラダで表現してください」と言われたら、
日本に住んでいる人はどのような動きを見せるのでしょうか。




私なら





春は軽やかに

夏は勢いよく

秋は穏やかに

冬は静かに厳しく





を、なんとか伝わるように、飛んだり跳ねたり腕を広げたり、丸まったり、
と、動くような気がします。






以前、四季に合わせた名言を目にしたことがあったので探してみるとありました。






『人に接する時は、暖かい春の心。

 仕事をする時は、燃える夏の心。

 考える時は、澄んだ秋の心。

 自分に向かう時は、厳しい冬の心。』





これは、鮫島輝明さんという関西の経営者の方の「四季の心」という言葉のようですが、

なんとも滋味あふれたお言葉です。



四季を愛する国「日本」に生まれたからこそ感じることが出来る心の四季。





大切にしていきたいです。





【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

2017年9月1日金曜日

終わりゆく夏


8月31日、今日の京都市左京区は晴れ。






朝夕の涼しさが、秋がやってくるよと知らせているようです。





今日は事務所のクーラーを何度も消したくなりました。



夏はもう終わりなんですね。








不思議なもので、

「好きな季節はなんですか?」

と聞かれても「夏」とは答えない私なのに、

夏が去って行くのかと思うと、寂しくなります。





いつも有るものが、

有ることが普通になっているものが無くなるのは、

やはり寂しいものです。






先日、トイレを新調しました。





トイレが入れ替わる少し前、

青山社長が急にトイレ掃除をはじめました。

時間もなかったので、ピカピカにまではならなかったけれど、

今までありがとう、と、言葉には出さなかったけれど、

感謝の意を込めて掃除していることは、すぐにわかりました。





家を売る人の中には、さまざまな人がいます。





処分しといてください、と、いらない家具や荷物を置いて出て行く人、





夜逃げ?と思うような物件、





かと思えば、

これから家は解体されるのに、

ピカピカに掃除をしてから家を出て行かれる方がおられます。





素晴らしいですよね。

拭かれた柱や床から、文字は見えないけれど
「ありがとう」という言葉が見えるような気がします。





ついつい忘れがちですが、

当たり前のものに感謝が出来るということは、
素晴らしいことだと思います。





だから私も、

ついつい忘れがちだった暑いあつい熱い太陽に、夏に、
感謝を忘れずに!





あつい光をたっぷりと浴びたおかげで、

秋には果物や野菜が美味しく実ります。





ありがとう、夏。

そして来年もよろしく♪






【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 台風の進路 - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    7 時間前
  • 台風の進路 - 10月21日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。 お天気が悪いと、なんとなく身体がシャキッとしません。 天気図には、等圧線が何重にも描かれた大きな台風。 子どもの頃、 台風は、夏から秋にかけての期間限定生産物だと思っていました。 それがどっこい、一年中南の赤道に近い海上で発生してると知って驚いたことを覚えていま...
    7 時間前
  • 台風の進路 - 10月21日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。お天気が悪いと、なんとなく身体がシャキッとしません。天気図には、等圧線が何重にも描かれた大きな台風。子どもの頃、台風は、夏から秋にかけての期間限定生産物だと思っていました。それがどっこい、一年中南の赤道に近い海上
    7 時間前

そうだ 京都、行こう。