Google よし、京都に行こう!: 2013

2013年12月27日金曜日

京都市左京区|無鄰庵(むりんあん)

無鄰庵(むりんあん)


明治の元勲・山県有朋の別荘で、

その名は,有朋が長州に建てた草庵が隣家のない閑静な場所で

あったことから名付けられたといいます。

有朋はこの別荘の庭園をこよなく愛し,

多忙な公的生活の合間にも夫人を伴ってしばしば訪れました

といいます。

洋館は明治31年に建てられ明治36年4月21日,

山県有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎の4人によって、

日露開戦直前のわが国外交方針を決める「無鄰菴会議」が

開かれてたことで知られています。

庭園は、疎水の水を引き入れた池泉回遊式の見事な庭は、

小川治兵衛が作庭したもので、茶室も建てられている。

国の名勝の指定を受けている。

2013年12月26日木曜日

京都市山科区|日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)

名 称:日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)

日向大神宮は京都市山科区の三条通沿いにある神社。

式内社(小)で、旧社格は村社。「京の伊勢」とも称される。

2013年12月24日火曜日

京都市左京区|禅林寺(ぜんりんじ)

禅林寺(ぜんりんじ)


禅林寺は、京都市左京区にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。

一般には通称の永観堂の名で知られています。

山号を聖衆来迎山、院号を無量寿院と称する。

本尊は阿弥陀如来、開基は、空海の高弟の真紹僧都である。

当寺は紅葉の名所として知られ、

古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。

また、京都に3箇所あった勧学院の一つでもあり、

古くから学問が盛んである。

2013年12月23日月曜日

京都市左京区|須賀神社(すがじんじゃ)

須賀神社(すがじんじゃ)


須賀神社は、京都市左京区にある神社です。

【 由 来 】

平安時代末の1142年、美福門院の建てた歓喜光院の鎮守として

創祀されたもので、祭神は素戔嗚尊、櫛稲田比売命を主神に

久那斗神、八衢比古神、八衢比売神を加え、五柱を祀る。

もとの社地は平安神宮蒼竜楼の東北にある西天王塚辺りで、

当社は岡崎の東天王社と相対して古くは西天王社と呼ばれた。

その後、吉田神楽岡に転じ、いまの地に移ったのは大正13年の

ことである。

聖護院一帯の産土神とされ、縁結び、厄除け、交通安全の神として

崇敬厚く、節分祭には参詣者で賑わう。

近世に編纂された「拾遺都名所図会」によると、祭神は牛頭天王、

例祭は6月16日である。

なお1758年、筑前国福岡城三の丸に勧請された西天王社は、

「西天皇社」とも表記される。

2013年12月22日日曜日

京都市左京区|吉田神社(よしだじんじゃ)

吉田神社(よしだじんじゃ)


吉田神社は、京都市左京区吉田神楽岡町にある神社。

二十二社の一社。

旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

【 祭 神 】

祭神は以下の4柱で、勧請元の春日大社と同じ。

・建御賀豆智命 (たけみかづちのみこと、武甕槌命)

・伊波比主命 (いわいぬしのみこと、経津主命)

・天之子八根命 (あまのこやねのみこと、天児屋根命)

・比売神 (ひめのかみ)

2013年12月21日土曜日

京都市左京区|新長谷寺(しんはせでら)

新長谷寺(しんはせでら)

名 称:新長谷寺(しんはせでら)

新長谷寺は、京都市左京区にある寺院です。

天台宗 鈴声山 真正極楽寺 真如堂に属す。

平安時代、九条家の祖と言われる藤原山蔭卿の開基。

本尊は十一面観音。

山蔭卿の信仰が厚い長谷寺十一面観音を模刻造像。

吉田山は旧来神楽岡と呼ばれ、仏法有縁の霊地。

山蔭卿が邸宅を構え、そこに新長谷寺を建立。

明治時代、真如堂境内に移転。

2013年12月20日金曜日

京都市左京区|金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

名 称:金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

金戒光明寺は、京都市左京区黒谷町にある浄土宗の寺院。

山号は紫雲山。本尊は阿弥陀如来。

通称寺名をくろ谷さんと呼びます。

知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の大本山の1つである。

【 文化財 】

※ 重要文化財

文殊塔(三重塔)

木造千手観音立像(通称吉備観音)

絹本著色山越阿弥陀図・地獄極楽図

※ その他

一枚起請文(伝・真筆)

建暦2年正月23日に、源智が形見にということで法然に懇願して、

念仏の教えを書いてもらったという。

4月23日・24日の御忌法要時のみ公開される。

鏡の御影

山門(1860年建立)

2013年12月19日木曜日

京都市東山区|光雲寺(こううんじ)

光雲寺(こううんじ)

名 称:光雲寺(こううんじ)

光雲寺は、京都市東山区にある寺院です。

霊芝山と号する臨済宗南禅寺派の寺。

南禅寺北ノ坊とも呼ばれる。

1661年頃に後水尾天皇と中宮東福門院が南禅寺の英中禅師に

深く帰依され、摂津にあったものをこの地に再興。

元久邇宮家の菩提所となっている。

書院南の庭園は、疏水の水を引き、背景の山を借景とした

池泉廻遊式の名園で造園家小川治兵衛が作庭しました。

2013年12月16日月曜日

京都市左京区|霊鑑寺(れいかんじ)

霊鑑寺(れいかんじ)

名 称:霊鑑寺(れいかんじ)

霊鑑寺は、京都市左京区にある寺院です。

臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院。谷御所ともいわれる。

1654年に後水尾上皇の皇女、多利宮が現在地の南に創建。

後水尾上皇遺愛の日光椿のほか多数の椿がございます。

2013年12月15日日曜日

京都市左京区|安楽寺(あんらくじ)

安楽寺(あんらくじ)

名 称:安楽寺(あんらくじ)

安楽寺は、京都市左京区にある浄土宗の寺院です。

7月に中風除けを祈願するカボチャ供養で有名です。

通称「松虫鈴虫寺」ともいわれています。

【 由 緒 】

安楽寺は、1207年におこった建永の法難のきっかけとなった

法然の念仏道場「鹿ヶ谷草庵」の後身の寺であり、

寺宝として安楽房遵西・住蓮坊と後鳥羽上皇の女官であった

松虫・鈴虫関連のものが残されています。

2013年12月14日土曜日

京都市左京区|銀閣寺(ぎんかくじ)

銀閣寺(ぎんかくじ)


慈照寺は、京都市左京区にある臨済宗相国寺派の寺院です。

相国寺の境外塔頭である。

室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築と庭園を有する。

足利義政が鹿苑寺の舎利殿を模して造営した楼閣建築である

観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる。

「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。

山号は東山。

開基は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石。

夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、

このような例を勧請開山という。

2013年12月13日金曜日

京都市上京区|櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)

名 称:櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)

櫟谷七野神社は、京都市上京区にある寺院です。

社伝によれば文徳天皇の皇后が子宝祈願のため、

奈良の春日大社から御霊を遷し奉ったのが神社の起源といわれる。

この辺りは、紫野と呼ばれもとは賀茂社に奉仕する斎王が住む

紫野斎院の跡ともいわれている。

櫟谷七野神社の名の由来は、内野・北野・平野・柏野・紫野・

上野・蓮台野の七野の惣社との説もある。

宇多天皇の愛を取り戻そうとした皇后が夢のお告げで、

社殿の前に白い砂を山の形に積んだところ、

天皇の愛が戻ったという故事が櫟谷七野神社には残っています。

このいわれから、社前に白砂を積むと”浮気封じ”の願いが届き、

失われた愛の復活が叶うといわれています。

2013年12月12日木曜日

京都市北区|上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)


上品蓮台寺は、京都市北区にある真言宗智山派の寺院です。

【 国 宝 】

紙本著色絵因果経 - 奈良時代の作品。

釈迦の前世と現世の物語を説く『過去現在因果経』という

経典を絵解きしたもの。巻子本の下半分に経文を書写し、

上半分に経文の内容を表す絵を描く。

『過去現在因果経』は全4巻の経典だが、

「絵因果経」は各巻を上下2巻に分けた全8巻から成り、

上品蓮台寺本はそのうちの巻第二上のみが残ったものである。

本巻は完本ではなく巻末部分を欠いており、

当該部分は断簡として奈良国立博物館などに所蔵されている。

奈良時代の「絵因果経」の遺品は東京芸術大学、醍醐寺、

出光美術館にも所蔵されるが、これらは一具のものではなく、

別々に制作された「絵因果経」の一部が残ったものである。

数少ない奈良時代絵画の遺品として貴重である。

2013年12月10日火曜日

京都市北区|玄武神社(げんぶじんじゃ)

玄武神社(げんぶじんじゃ)

名 称:玄武神社(げんぶじんじゃ)

玄武神社は、京都市北区紫野にある寺院です。

玄武は北の守護神といわれ平安京の北に位置する玄武神社は、

王城の北野守護神として信仰されています。

4月の第2日曜日に行われる「やすらい花」は平安時代に

起源を持つといわれる祭礼、疫病を退散させるために、

風流の衣装をまとい鉦や太鼓をたたき踊りながら無病息災を

祈願して各家を回る。重要無形文化財に指定されています。

2013年12月9日月曜日

京都市北区|聚光院(じゅこういん)

聚光院(じゅこういん)


聚光院は、京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。

同派大本山大徳寺の塔頭のひとつ。

聚光院という院号は、

三好長慶の法名「聚光院殿前匠作眠室進近大禅定門」から

採られたものである。寺内は通常は公開されていない。

2013年12月8日日曜日

京都市北区|真珠庵(しんじゅあん)

真珠庵(しんじゅあん)


真珠庵は京都市北区紫野にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭です。

型破りの禅僧として著名な一休宗純ゆかりの寺院である。

特別公開時を除き、通常は非公開である。

【 由 来 】

日本臨済宗の祖の一人となった楊岐方会が雪の夜に

楊岐山の破れ寺で座禅をしていた時に風が舞い、

部屋の中へ雪が降り込んできた。

床に積もった雪が月に照らされて真珠のように輝いたという

故事にちなんで一休が名付けた。

2013年12月7日土曜日

京都市北区|瑞峯院(ずいほういん)

瑞峯院(ずいほういん)


瑞峯院は、京都市北区紫野にある、臨済宗大徳寺派の寺院です。

同派大本山大徳寺の塔頭。境内には大友宗麟夫妻の墓がある。

【 庭 園 】

方丈を中心として南・北・西の三庭からなっている。

いずれも重森三玲の手によるもので、

昭和36年、開祖である徹岫宗九の400年遠忌に作庭された。

独坐庭(どくざてい)

方丈の正面に位置する蓬莱山式庭園で、

大刈込と巨石で表した蓬萊山からのびる半島と小島に打ち寄せる

荒波を砂紋で描いている。

百丈禅師の言葉である「独坐大雄峰」という禅語からの命名。

閑眠庭(かんみんてい)

キリシタン大名・大友宗麟の思いを汲んだ枯山水の庭で、

東側にあるキリシタン灯篭を背にして見ると、

7個の石組みが十字架を形作っている。

「閑眠高臥して青山に対す」という禅語からの命名。

茶庭

方丈と餘慶庵の間にある露地で、

一木一草を用いず、青石を一面に敷きつめ、

中央近くに立手水鉢を設けた斬新な茶庭であった。

近年改築されて、

松や苔の植栽に飛び石という典型的な茶庭になっている。

2013年12月6日金曜日

京都市北区|龍源院(りゅうげんいん)

龍源院(りゅうげんいん)


龍源院は、京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。

同派大本山大徳寺の塔頭である。

大仙院を本庵とする大徳寺北派に対して、南派の本庵です。

【 由 来 】

大徳寺の山号である龍宝山の「龍」と

中国・臨済宗松源派の祖・松源崇岳の禅を正しく継承する

松源一脈の「源」の2文字を採ったものである。

2013年12月5日木曜日

京都市北区|高桐院(こうとういん)

高桐院(こうとういん)


高桐院は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。

大本山大徳寺の塔頭のひとつである。

開基は細川忠興、開山は玉甫紹琮である。

戦国時代に智将として名を馳せ、茶人としては利休七哲の1人として

知られる細川忠興が父・細川藤孝のために慶長7年に建立した寺で、

玉甫紹琮を開山とする。

玉甫紹琮は幽斎の弟で、三斎のおじにあたる。

創建については慶長6年とも言うが、創建に際して春屋宗園が与えた

偈に「寅十月十七日」とあり、干支の関係から慶長7年の創建。

正保2年に83歳で没した忠興は、遺言によりその遺歯が高桐院に

埋葬され、以後細川家の菩提寺として庇護される。

2013年12月3日火曜日

京都市北区|志明院(しみょういん)

志明院(しみょういん)

名 称:志明院(しみょういん)

志明院は、京都府京都市北区にある寺院です。

一般に岩屋不動と呼ばれています。

寺伝によれば、白雉元年に役行者が創建し、

天長6年弘法大師が醇和天皇の命により再興し、

以来皇室の勅願所として崇敬が深く、

天下の平和を祈願のため諸堂開扉の詔があり、

この時「志明院」の勅願を天皇から賜って以来これを

寺号にしたという。

また付近一帯には石楠花が多く、4月下旬に開花して美しい。

2013年12月2日月曜日

京都市北区|常照寺(じょうしょうじ)

常照寺(じょうしょうじ)


常照寺は、京都府京都市北区にある日蓮宗の寺院です。

山号は寂光山。旧本山は、身延山久遠寺。親師法縁。

常照寺は本阿弥光悦が徳川家康より拝領した光悦村の一部で、

本阿弥光嵯が土地を寄進して常照寺が建立されました。

その後、日蓮宗の檀林(鷹峰檀林)開かれた。

近年、境内が整備され紅葉の名所として人気を集めています。

2013年12月1日日曜日

京都市北区|光悦寺(こうえつじ)

光悦寺(こうえつじ)


光悦寺は京都市北区鷹峯にある日蓮宗の寺院です。

山号は大虚山。旧本山は本法寺。親師法縁。

鷹峰三山(鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰)を望む景勝地である。

江戸時代の芸術家である本阿弥光悦に元和元年に徳川家康が

この地を与えた。『本阿弥行状記』によれば、

当時は「辻斬り追い剥ぎ」の出没する物騒な土地であったという。

この地に光悦の一族や様々な工芸の職人らが移り住み芸術の集落

となった。光悦の死後に屋敷は寺となりました。

境内には光悦の墓碑がある。

2013年11月30日土曜日

京都市北区|深泥池(みどろがいけ)

深泥池(みどろがいけ)

名 称:深泥池(みどろがいけ)

深泥池は、京都市北区上賀茂深泥池町および狭間町にある池

および湿地です。深泥ケ池とも記す。

周囲は約1540m、面積は約9.2haで、池の中央に浮島が存在する。

この深泥池に流入する河川はないが松ヶ崎浄水場の配水池より

若干の漏水が流入している。

周囲は標高200mを下回る小高い山々に囲まれており、

南西端のみが開けて低地に面している。

その形態から、およそ1万年前までに、池の南西部にできた

開析谷の出口が、鴨川の扇状地堆積物によって塞き止められ、

自然堤防の原型が造り上がって、深泥池の形状を保ってきたと

考えられています。

また、この時期の最終氷期の地層から、

地質調査によってミツガシワの花粉が確認されました。

なお、この場所には人工の堤防が築かれている。

『愛宕郡村志』によれば

「古代に於いて用水の為に造築」されたといい、

6世紀前後に上述の自然堤防に人工堤防が増築されたものとされる。

2013年11月29日金曜日

京都市北区|神光院(じんこういん)

神光院(じんこういん)


神光院は、京都市北区にある真言宗系の単立寺院です。

山号は放光山。本尊は弘法大師像で、「厄除け大師」として

信仰されています。東寺、仁和寺と並ぶ京都三大弘法として

有名であり、地元では「西賀茂の弘法さん」の愛称で親しまれる。

毎年7月下旬には、空海がキュウリに疫病を封じて病気平癒を

祈願したことにちなみ、厄病除けの祈祷が行われています。

静かな境内を舞台に、『銭形平次』や『御家人斬九郎』、を

始めとする、時代劇の撮影がたびたび行われてきたました。

四季を通して多様な花木が境内に咲くことでも知られる。

特に12月前後に境内に咲く、白い八重のサザンカは、

当院にのみ存在する珍しい品種です。

2013年11月28日木曜日

京都市北区|正伝寺(しょうでんじ)

正伝寺(しょうでんじ)


正伝寺は、京都市北区にある臨済宗南禅寺派の諸山の

格式を持つ寺です。寺号は詳しくは正伝護国禅寺という。

本尊は釈迦如来。

【 境内 】

【 本堂 】

入母屋造、こけら葺き。安土桃山時代。

伏見城本丸の御殿の1つが移建されたものと考証されている。

障壁画は作風等から狩野山楽一派の筆と推定されている。

廊下の天井は「血天井」と称され、伏見城落城の際に自刃した

鳥居元忠らの血痕が残った廊下の板を用いたものという。

【 庭園 】

本堂前の枯山水の庭園は小堀遠州作と伝えられています。

白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり、岩を用いず、

白砂とサツキの刈込みのみで構成されています。

「獅子の児渡しの庭」と呼ばれています。

2013年11月26日火曜日

京都市北区|西村家(社家)

西村家(社家)

西村家(社家)

名 称:西村家(社家)

上賀茂社家町にある錦部家の旧宅、社家の中で唯一公開している。

社家の庭は上賀茂神社から流れている明神川から水を引き込んで

います。ここ西村家の庭園では、取り入れた水を「 曲水の宴 」の

ための小川の水として、庭園をめぐり、また明神川へ戻している。

庭園の中央には神山に見立てた降臨石の石組みも見られます。

神事の前に清めたみそぎの井戸も残されています。

明治20年代に西村家が所有。

庭は平安後期の作で面積1300平方メートル。

2013年11月25日月曜日

京都市北区|大田神社(おおたじんじゃ)

大田神社(おおたじんじゃ)


大田神社は京都市北区にある神社で、

賀茂別雷神社の境外摂社である。

本殿に天鈿女命、白鬚社に猿田彦命をそれぞれ祀る。

『延喜式神名帳』に「太田神社」と記載される古社で、

周辺の沼沢地を開墾して栄えた賀茂県主の崇敬を受けた。

古くは恩多社と呼ばれていました。

当社の鎮座時期は不明であるが、寿命長久の守護神として、

また、縁結び、芸能上達の神として信仰を集めている。

2013年11月24日日曜日

京都市上京区|幸神社(さいのかみのやしろ)

幸神社(さいのかみのやしろ)

名 称:幸神社(さいのかみのやしろ)

幸神社は、京都市上京区にある寺院です。

平安時代には都の鬼門除けの守護神として出雲路道祖神を

祀ったのは始まりといわれています。

現在地に移って幸神社となったようです。

主神は猿田彦大神、本殿には御幣を担ぐ猿の神像があり、

御所の東北隅にある猿ケ辻と同じく鬼門除けとして祀られています。

小さな神社だが、縁結びや名前にあやかって参拝する人も多い。

2013年11月23日土曜日

京都市北区|上善寺(じょうぜんじ)

上善寺(じょうぜんじ)


上善寺は、京都市北区にある千松山遍照院と号する

浄土宗の寺院です。

地蔵堂に安置する地蔵菩薩は、六地蔵の一つと伝えられ、

一般的には、「深泥池地蔵」、又は、「鞍馬口地蔵」とも

呼ばれています。当初、小幡の里に祀られていたが、

保元年間に、洛北の御菩薩池の畔に祀られ、

さらに当寺に移されたものといわれています。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。