Google よし、京都に行こう!: 8月 2014

2014年8月31日日曜日

京都市山科区|元慶寺(がんけいじ)

元慶寺(がんけいじ)

名 称:元慶寺(がんけいじ)

元慶寺は、京都市山科区にある寺院です。

藤原高子の発願により建立。

僧正遍昭を開基とし、元慶元年に建立されました。

現在の伽藍は安永年間の再建と伝わっています。

西国三十三所霊場の番外札所である。

本尊は薬師瑠璃光如来。

寛和2年、花山天皇がこの寺で藤原兼家、

道兼父子の策略により出家させられ、

兼家の外孫である懐仁親王が帝位についた。

花山法皇の宸影を安置する寺で花山寺とも呼ばれ、

大鏡では花山寺と記述されています。

2014年8月30日土曜日

京都市伏見区|醍醐寺三宝院(だいごじさんぽういん)


醍醐寺三宝院(だいごじさんぽういん)

名 称:醍醐寺三宝院(だいごじさんぽういん)

醍醐寺三宝院庭園は、京都市伏見区にある日本庭園です。

醍醐寺の院家である三宝院の庭園であり、

1952年に国の特別史跡および特別名勝に指定されました。

豪壮雄大な庭園は「醍醐の花見」に際しての秀吉の設計と

されました。

2014年8月29日金曜日

京都市伏見区|醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺(だいごじ)

名 称:醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺は、京都市伏見区にある寺院です。

古都京都の文化財として世界遺産に登録されています。

伏見区東方に広がる醍醐山に200万坪以上の広大な境内を

もつ寺院です。

豊臣秀吉による「醍醐の花見」の

行われた地としても知られています。

【 年中行事 】

醍醐寺の主な行事としては、

醍醐派が本家である壮大な屋外大護摩柴燈護摩を中心とした

施餓鬼法要が8月に厳修されるほか、

2月には同様に柴燈護摩を炊き上げて五大明王の功徳を讚える

「五大力尊仁王会」が厳修され併せて150キロ近い巨大な

鏡餅を持ち上げる力比べが行われることで有名です。

また豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなんで

現在も4月に全山を揚げての花見会が開催されています。

2014年8月28日木曜日

京都市山科区|随心院(ずいしんいん)

随心院(ずいしんいん)

名 称:随心院(ずいしんいん)

随心院は、京都市山科区にある寺院です。

小野流の開祖として知られる仁海(にんがい)の開基。

本尊は如意輪観音。

当寺の位置する小野地区は、小野氏の根拠地とされ、

隨心院は小野小町ゆかりの寺としても知られています。

【 小野小町ゆかりの遺跡 】

隨心院が所在する小野は小野氏の一族が栄えたところである。

宮中で仁明天皇に仕え歌人として知られる小野小町も

この地の出で宮中を退いて後も過ごしたとされています。

隨心院には小町の晩年の姿とされる卒塔婆小町像を始め文塚、

化粧の井戸などいくつかの遺跡が残っています。

2014年8月26日火曜日

京都市山科区|勧修寺(かんしゅうじ)

勧修寺(かんしゅうじ)

名 称:勧修寺(かんしゅうじ)

勧修寺は、京都市山科区にある寺院です。

皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院です。

庭は勧修寺氷池園という池泉庭園です。

中心を占める池は氷室の池といい蓮で知られており、

平安時代には1月2日にここに張った氷を宮中に献上して

その厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。

2014年8月25日月曜日

京都市山科区|岩屋神社(いわやじんじゃ)

岩屋神社(いわやじんじゃ)

名 称:岩屋神社(いわやじんじゃ)

岩屋神社は、京都市山科区にある寺院です。

本殿背後の山腹に奥之院あるいは岩屋殿と呼ばれる

陰陽2つの巨巌があり、これを磐座として祀ったのが

当社の起源です。

社伝では、仁徳天皇31年の創建と伝えられています。

寛平年間、陰巌に栲幡千千姫命、陽巌に天忍穂耳命を祀り、

岩前の小祠に饒速日命が祀られました。

これは、物部氏系の大宅氏が、

山科を開拓するに当たり祖神を祀ったものです。

治承年間に園城寺僧徒によって社殿が焼かれ、

旧記も失われました。

弘長2年に再建されました。

中世には「東西上の岩屋三社」と呼ばれていました。

2014年8月24日日曜日

京都市山科区|川崎大師京都別院笠原寺(りゅうげんじ)

川崎大師京都別院笠原寺(りゅうげんじ)

名 称:川崎大師京都別院笠原寺(りゅうげんじ)

川崎大師京都別院笠原寺は京都市山科区にある寺院です。

女性限定で一日尼僧の体験ができる寺です。

写経や読経、精進料理もございます。

笠原政江尼が1979年に開山し、

女性相手に人生相談などを行ってきたという。

鉄筋コンクリート入母屋造桃山様式の大本堂、

総ヒノキ造りの奥之院、水子供養の玉洗院がございます。

2014年8月23日土曜日

京都市山科区|大石神社(おおいしじんじゃ)

大石神社(おおいしじんじゃ)

名 称:大石神社(おおいしじんじゃ)

大石神社は、京都市山科区にある寺院です。

昭和10年、赤穂義士大石内蔵助良雄を祭神として建立されました。

赤穂藩家老であった大石が浅野内匠頭の刃傷事件の後、

赤穂より隠棲した地にある。

義士らの書や遺品が収蔵展示される宝物殿がございます。

しだれ桜の「大石桜」も有名です。

2014年8月22日金曜日

京都市山科区|双林院(そうりんいん)

双林院(そうりんいん)

名 称:双林院(そうりんいん)

双林院は、京都市山科区にある寺院です。

寛文5年、天台宗の僧である公海により創建されました。

【 年間行事 】

毎月1日、16日:月参り

2月:節分

9月16日:大般若祭

11月:もみじ祭り

2014年8月21日木曜日

京都市山科区|毘沙門堂(びしゃもんどう)

毘沙門堂(びしゃもんどう)

名 称:毘沙門堂(びしゃもんどう)

毘沙門堂は、京都市山科区にある寺院です。

大宝3年、行基の創建という古刹。毘沙門天が本尊。

信長の兵火で全焼したのち、

天台宗の僧・天海。公海により現在地に1665年再興されました。

後にし天皇の皇子公弁法親王が晩年に隠棲、

以後門跡寺院として、毘沙門堂門跡と呼ばれ、

天台宗五門跡の一つとなりました。

京都七福神の一つです。

「毘沙門しだれ」をはじめとして、

桜、つつじ、椿、紅葉など、美しい花々で名高い。

2014年8月19日火曜日

京都市伏見区|寺田屋(てらだや)

寺田屋(てらだや)

名 称:寺田屋(てらだや)

慶応2年正月21日

坂本龍馬が長府藩士・三吉慎蔵と寺田屋にいたが、

明け方2時頃、一階で入浴していたお龍窓外の異常を察知して

二階に駆け上がり二人に知らせた。

伏見奉行の捕り手が屋内に押し入った、

龍馬は高杉晋作から贈られた拳銃を三吉は長槍をもって

応戦するが、多勢に無勢で龍馬は両手指を斬られ、

両人は屋外に脱出した。

負傷した龍馬は材木場に隠れ、

三吉は伏見薩摩藩邸に逃げ込み救援を求め救出された。

寺田屋は鳥羽伏見の戦に罹災し,

現在の建物はその後再建したものです。

2014年8月18日月曜日

京都市伏見区|海宝寺(かいほうじ)

海宝寺(かいほうじ)

名 称:海宝寺(かいほうじ)

海宝寺は、京都市伏見区にある寺院です。

【 境内 】

仏殿:宝暦14年(1764年)建立。

方丈:宝暦14年(1764年)建立。

内部には伊藤若冲が晩年に制作した障壁画「群鶏図」があったが、

現在は京都国立博物館所蔵となっています。

障壁画のあった部屋は「若沖筆投げの間」と呼ばれています。

祠堂:大丸関係者の位牌を祀っている建物。

手水鉢:豊臣秀吉遺愛のものと伝える。

木斛:仏殿前にあり伊達政宗手植えの木と伝えられる。

当寺は普茶料理で知られ、

山門には「普茶大本山開祖道場」の札が掛かる。

2014年8月12日火曜日

京都市伏見区|大善寺(だいぜんじ)

大善寺(だいぜんじ)

名 称:大善寺(だいぜんじ)

大善寺は、京都市伏見区にある寺院です。

京都府宇治市六地蔵の地名の由来となりました。

【 文化財 】

重要文化財( 国指定 )

・木造地蔵菩薩立像( 平安時代 )

2014年8月11日月曜日

京都市伏見区|西岸寺(さいがんじ)

西岸寺(さいがんじ)

名 称:西岸寺(さいがんじ)

西岸寺は、京都市伏見区にある寺院です。

昔、油売りの商人が地蔵の前で転んでほとんどの

油を流してしまった。

仕方なく残りの油を傍らの地蔵にかけて立ち去ったところ

商売繁盛したという。

この噂が信仰を呼び、今でも油をかけ参拝する人が絶えない。

境内には芭蕉の句碑もございます。

2014年8月10日日曜日

京都市伏見区|西運寺(さいうんじ)

西運寺(さいうんじ)

名 称:西運寺(さいうんじ)

西運寺は、京都市伏見区にある寺院です。

1596年に伏見に開基されました。

「狸寺」として有名です。

幕末期、

住職が裏山のタヌキを「八」と名付けて可愛がっていました。

近くの俳人、歌人、画家らが見物に訪れたという。

京焼の名工高橋道八がタヌキの焼物を寄進。

住職の狸の置物コレクションとともに収蔵展示されています。

2014年8月9日土曜日

京都市伏見区|辨財天長建寺(べんざいてんちょうけんじ)

辨財天長建寺(べんざいてんちょうけんじ)

名 称:辨財天長建寺(べんざいてんちょうけんじ)

辨財天長建寺は、京都市伏見区にある寺院です。

【 寺宝 】

・八臂弁財天

本尊、秘仏毎年元旦から15日間のみ開帳。

8本の腕を持った音楽・財富・智恵・延命を司る弁天様。

・裸形弁財天

脇仏

・賓頭盧尊者

なで仏は、釈迦の弟子で十六羅漢の一人。

2014年8月8日金曜日

京都市伏見区|御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

名 称:御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

御香宮神社は、京都市伏見区にある寺院です。

初めは「御諸神社」と称した。

創建の由緒は不詳であるが、

貞観4年に社殿を修造した記録がある。

伝承によるとこの年、境内より良い香りの水が湧き出し、

その水を飲むと病が治ったので、

時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。

実際には菟芸泥赴によると、

「筑前国糟谷郡の香椎御宮から神功皇后を勧請し

皇后御廟香椎宮を略し、御香の宮と申す」とあり

筑紫の香椎宮をこの地に分霊し勧請した説の方が有力であるが

神社側は説の一つにに過ぎないとして否定しています。

この湧き出た水は「御香水」として名水百選に選定されている。

全国にある「香」の名前のつく神社は、

古来、筑紫の香椎宮との関連性が強く神功皇后を祭神とする

当社は最も顕著な例である。

本殿には、菊の御紋や五七の桐紋、葵の御紋が見られます。

2014年8月7日木曜日

京都市伏見区|石峰寺 (せきほうじ)

石峰寺 (せきほうじ)

名 称:石峰寺(せきほうじ)

石峰寺は、京都市伏見区にある寺院です。

寺の境内裏山にある五百羅漢の石像群は、

絵師の伊藤若冲が下絵を描き、

当寺の住職と協力して制作したもので、

「若冲五百羅漢」としていまも親しまれています。

また観音堂の格天井には若冲が天井画を描いた。

しかしこれらの絵は明治期はじめ、

廃仏毀釈の嵐のなかで処分され、いまは他寺に現存している。

若冲は寛政12年9月10日、

85歳の生涯を石峰寺門前の自宅で閉じ、同寺に葬られました。

2014年8月5日火曜日

京都市伏見区|藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

名 称:藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

藤森神社は、京都市伏見区にある寺院です。

5月5日に行われる駈馬神事や、

菖蒲の節句の発祥地として名高い。

6月から7月にかけて紫陽花苑が公開され、

3,500株にもおよぶ紫陽花が見ものです。

境内には名水といわれる「不二の水」が涌き出ています。

2014年8月4日月曜日

京都市伏見区|東丸神社(あずままろじんじゃ)

東丸神社(あずままろじんじゃ)

名 称:東丸神社(あずままろじんじゃ)

東丸神社は、京都市伏見区にある寺院です。

伏見稲荷大社の側にあり、

江戸時代の国学者で稲荷社祠官羽倉家に生まれた荷田春満を

祀る神社です。

春満は門下に賀茂真淵がおり、

本居宣長、平田篤胤と共に国学四大人の一人です。

学問の神として信仰を集めており、

入試合格や学業上達を祈願する絵馬がびっしりと懸けられてい

ます。

2014年8月3日日曜日

京都市伏見区|伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

名 称:伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社は、京都市伏見区にある寺院です。

旧称は稲荷神社。

式内社、二十二社の一社です。

旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社です。

稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。

全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。

初詣では近畿地方の社寺で最多の参拝者を集めます。

現存する旧社家は大西家。

外国人観光客からも観光地として人気があり、

「トリップアドバイザー」による2014年の

「外国人に人気の日本の観光スポット」調査では、

1位を獲得しています。

2014年8月2日土曜日

京都市南区|綜芸種智院跡(しゅげいしゅちいんあと)

綜芸種智院跡(しゅげいしゅちいんあと)

名 称:綜芸種智院跡(しゅげいしゅちいんあと)

綜芸種智院は、空海が天長5年に藤原三守の九条邸に創設した

平安初期の私立学校です。

当時の大学・国学への入学については厳格な身分制限があり、

民衆が学問を志すことは非常に困難であったが、

こういった人々のために設置されたものです。

空海自筆の「綜芸種智院式」で知られています。

空海は仏書や儒書の講義を行い、

当時としては画期的な学問所でした。

承和2年に空海が62歳で没して廃絶しました。

2014年8月1日金曜日

京都市南区|城興寺(じょうこうじ)

城興寺(じょうこうじ)

名 称:城興寺(じょうこうじ)

城興寺は、京都市南区にある寺院です。

歴史的名称では成興寺とも書きます。

太政大臣藤原信長の邸宅を、永久元年に寺に改め城興寺と

しました。

当初は鎮護国家の道場であったが、

天台宗となり延暦寺の管理に属したが、

応仁の乱で焼失、現在は本堂のみが残る。

本尊千手観世音菩薩は、慈覚大師円仁が承和五年、

遣唐使の一員として入唐した時、

無事の帰朝を念じて船中で造作したといわれています。

関連情報|リスト

  • 台風の進路 - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    7 時間前
  • 台風の進路 - 10月21日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。 お天気が悪いと、なんとなく身体がシャキッとしません。 天気図には、等圧線が何重にも描かれた大きな台風。 子どもの頃、 台風は、夏から秋にかけての期間限定生産物だと思っていました。 それがどっこい、一年中南の赤道に近い海上で発生してると知って驚いたことを覚えていま...
    7 時間前
  • 台風の進路 - 10月21日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。お天気が悪いと、なんとなく身体がシャキッとしません。天気図には、等圧線が何重にも描かれた大きな台風。子どもの頃、台風は、夏から秋にかけての期間限定生産物だと思っていました。それがどっこい、一年中南の赤道に近い海上
    7 時間前

そうだ 京都、行こう。