Google よし、京都に行こう!: 6月 2015

2015年6月30日火曜日

京都市左京区|三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)

推古天皇の時代に遣隨使小野妹子が筑紫の

宇佐八幡に病平癒を祈願したところ直ちに癒されたので、

帰朝後この地に勧請したのが始まりといわれています。

祭神は応神天皇です。

社殿は応仁の乱で焼失したが明治期に本殿、

神社の東方には小野毛人の墓がございます。

慶長年間に石棺と墓誌が発掘され国宝になっています。

この神社は俗に「虫八幡」ともいわれ、

子供の疳の虫除けの神として信仰を集めています。

狛犬の代わりに鳩が祀られており、

門前には名物の鳩餅が売られています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月29日月曜日

京都市左京区|蓮華寺(れんげじ)

以前は下京区にあり時宗の寺でしたが、

応仁の兵火で荒廃。

1662年、加賀藩の家老今枝近義により再興しました。

庭園は池泉廻遊式で石川丈山作とも、

小堀遠州作とも伝えられています。

庭園や本堂、鐘楼堂は当時のままの姿で残っています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月28日日曜日

京都市左京区|妙満寺(みょうまんじ)

妙満寺の創建は康応元年、

日蓮上人に帰依した日什上人によります。

その後、応仁の乱など幾度かの兵火に遭い、

そのつど洛中に寺域を移してきましたが、

天文5年、

比叡山の僧徒による焼き討ちで二十一坊の大伽藍を類焼。

天正11年秀吉の時代に寺町二条に移され400年にわたり

「寺町二条の妙満寺」と親しまれてきました。

その後、昭和43年に現在の岩倉の地に移りました。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月27日土曜日

京都市左京区|円通寺(えんつうじ)

比叡山を望む借景庭園が有名です。

後水尾天皇の山荘であった幡枝の御所跡が、

のちに寺と改められました。

後水尾院の趣向である枯山水の庭がいまも伝えられ、

国の名勝と指定されています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月26日金曜日

京都市左京区|実相院(じっそういん)

1229年、静基僧正が開創しました。

門跡寺院であり、実相院門跡、岩倉門跡とも呼ばれています。

本尊不動明王像・歴代天皇の尊碑などが安置されています。

後陽成天皇の直筆文書は重要文化財であり、

他にも古文書を収蔵されています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月25日木曜日

京都市左京区|補陀洛寺(ふだらくじ)

959年の創建です。

小野小町終焉の地と伝えられ、小町寺と呼ばれています。

小さな本堂に

平安時代作の阿弥陀三尊像と並び小町老衰像を安置されています。

境内には小町燈篭、小町供養塔、

なきがらから生えたというススキ、

姿見の井戸など小町ゆかりの遺跡がございます。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月23日火曜日

京都市左京区|由岐神社(ゆきじんじゃ)

由岐大明神は御所にお祀りされておりましたが、

天慶元年に都の大地震、

天慶2年には平将門の乱と相次ぐ世情不安に、

朱雀天皇の詔により天慶3年に鞍馬の地に遷されました。

その時、

松明を造り道々には篝火を焚き神道具を先頭に勧請されました。

鞍馬の住民はこれに感激し、

この儀式と由岐大明神の霊験を後生に

伝え守ってきたのが火祭の起源です。

毎年10月22日に行われる豪壮な

「鞍馬の火祭」は京都三大奇祭の1つとなっています。

「さいれい、さいりょう」と叫びながらかがり火をたき、

大松明を掲げて練り歩くさまは圧巻です。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月22日月曜日

京都市北区|鞍馬寺(くらまでら)

京都市北区|鞍馬寺(くらまでら)

770年、

鑑真の高弟鑑禎が毘沙門天を本尊として

草堂を建立したのが始めとされています。

本殿金堂、多宝塔などは近年再建、鉄筋造りです。

源義経が修行した地として有名であり、

水飲み場などの遺跡もみられます。

「枕草子」にも「近うて遠きもの」として登場しました。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月21日日曜日

京都市左京区|阿弥陀寺(あみだじ)

大原の北、古地谷の奥にある阿弥陀寺は、

慶長14年弾誓が創建しました。

念仏修行をする木喰僧であった弾誓の遺骸は

即身仏として境内の窟に安置されています。

本尊の阿弥陀如来坐像は重要文化財となっています。

本堂の弾誓上人像は岩穴に住み霊木から像を作り、

自らの頭髪をその像に植えた

「植髪の尊像」を本尊 として安置したと伝えられています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月20日土曜日

京都市左京区|瑠璃光院(るりこういん)

平安貴族や武士たちにやすらぎの郷として

愛されてきた八瀬の地に建つ無量寿山・光明寺の京都本坊です。

大正末に12,000坪の敷地に建つ数奇屋造りの建物は、

京数寄屋造りの名人と称された中村外二の建築、

築庭は、佐野藤右衛門の作と伝えられています。

2階から見る八瀬の紅葉は特に素晴しく、

紅葉の隠れた名所となっています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月19日金曜日

京都市左京区|秋元神社(あきもとじんじゃ)

御所谷山麓の八瀬天満宮社境内にある神社です。

元禄年間に比叡山と八瀬村との境界争いにおいて

八瀬村の利権を認めた老中・秋元喬知を

秋元大明神として祀った神社です。

毎年十月に行われる「赦免地踊」は

江戸時代中期より約300年もの間

伝承されてきた祭です。

透かし彫りを施した切子灯籠と,

御所染め刺繍の衣装で、

美しく化粧をした灯籠着と呼ばれる

13歳から14歳の少年たちが、

灯籠を頭上にいただいて神社へ踊りを奉納する

優雅な祭りとして知られています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月18日木曜日

京都市左京区|寂光院(じゃっこういん)

京都市左京区|寂光院(じゃっこういん)

正式には清香山 御閑居御所大原宮寂光院といいます。

聖徳太子の創建と伝えられ、

太子作とされる地蔵菩薩立像は重要文化財です。

平家滅亡後、

建礼門院が隠棲し仏門の生涯を送ったことで有名です。

境内には『平家物語』にちなむ数々の事物がみられます。

本堂は平成12年、

放火で焼失しましたが平成17年に 再建されました。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月16日火曜日

京都市左京区|実光院(じっこういん)

宝泉院と同じく勝林院の子院です。

大正8年に、

他の子院と併合して現在の地に再建されたといいます。

客殿の南に池泉鑑賞式庭園、客殿西側には、

旧理覚院の池泉回遊式庭園がございます。

長い期間花を咲かせる不断桜などさまざまな

樹木がある庭園は見応えがございます。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月15日月曜日

京都市左京区|宝泉院(ほうせんいん)

京都市左京区|宝泉院(ほうせんいん)

声明の専門道場として

平安末期の寿永2年に創建された勝林院の塔頭です。

伏見城の遺構で血天井も見られます。

有名な額縁庭園・盤桓園は、沙羅双樹の木や、

近江富士を象る樹齢700年の五葉の松、

竹林があり、新緑・紅葉・雪景色と四季を通して

心癒される庭として人気がございます。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月14日日曜日

京都市左京区|勝林院(しょうりんいん)


天台宗延暦寺の別院です。

文治2年浄土宗の法然が諸宗の大学者と宗論を闘わせた

「大原問答」の舞台になったことは有名です。

来迎院と同じく声明の根本道場で、

代々の僧は大原流声明音律を継承しており、

日本音楽の源流とされる声明の発祥の地です。

境内の梵鐘は平安のもので重要文化財となっています。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月13日土曜日

京都市左京区|来迎院(らいごういん)

仁寿年間円仁が天台声明の道場として始めたという、

天仁2年には良忍が来迎院として再興しました。

本尊は薬師如来、阿弥陀如来、釈迦如来の三尊仏です。

モミジのシーズンには木立から見える本堂が印象的です。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月12日金曜日

京都市左京区|三千院(さんぜんいん)

京都市左京区|三千院(さんぜんいん)

正式には魚山三千院門跡といいます。

最澄による比叡山延暦寺の別院とされています。

広い境内には国宝阿弥陀三尊のある往生極楽院、

御懴法講の行われる宸殿、

多数の古文書など文化財も多数ございます。

細波の滝がある有清園や聚碧園、

紫陽花苑などがあり四季折々の自然の美を堪能できます。

特に秋の紅葉はすばらしく大原の秋を堪能できます。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月11日木曜日

京都市伏見区|城南宮 夏越の祓え

京都市伏見区|城南宮 夏越の祓え

夏越の祓えは、

日本の夏の風物詩ともいえる古来からの風習です。

参列者で大祓の詞を唱え、ついで茅の輪をくぐり抜けます。

そして神苑の春の山に進み、人形を禊の小川に流します。

こうして半年の間の罪や穢れを祓い心身を清浄にし、

これからの暑さに負けないよう、

また残り半年の無病息災を祈願します。

城南宮では夏越の祓に先立ち、

6月25日~30日までの間、

9時より16時まで、

随時「茅の輪くぐり」と「人形流し」を行うことができます。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月9日火曜日

京都市伏見区|伏見稲荷大社 大祓式

6月末に京都市内各地で行われる祓いの神事で、

古くより「夏越の大祓式」と称せられています。

元旦以来知らず知らずのうちに犯しているかもしれない

罪・穢れを祓い清めて形代を河海に流す行事です。

式の後、

宮司以下の神職及び参列者一同は茅の輪をくぐります。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

京都市東山区|地主神社 夏越しの大祓祭

京都市東山区|地主神社 夏越しの大祓祭

悪疫退散・厄除・開運招福を祈願するお祭りです。

夏越しの大祓いは、奈良時代の宮中行事であり、

日本最古の宗教儀礼とも言われています。

本殿前に直径約2メートルの茅の輪をしつらえ、

3度この輪をくぐる『茅の輪くぐり』の神事や、

人形を流して、半年間の厄落としを祈願します。

『茅』は『チガヤ』という植物で、鋭利な葉を持っています。

古人がこの葉により身や心についた

汚れをそぎ落とそうと考えたのが、儀礼のはじまりです。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

2015年6月8日月曜日

京都市北区|上賀茂神社 夏越大祓

京都市北区|上賀茂神社 夏越大祓

大祓は、6月と12月、1年に2回行われる、

半年間の罪・穢を祓い清めて、

次の半年を無病息災に過ごせるよう願う神事です。

神職の方が茅輪のくぐり初めをした後、

参拝者も茅輪をくぐることができます。

また夕刻には人形ながしも行われます。

人形とは人の形をした紙でできたもので、

罪・穢を遷すものとして用いられます。

参拝者は人形に名前や年齢を書き、

体をなでて、息を吹きかけます。

そして神職が参拝者から受けた人形をならの小川に流して、

罪・穢れを祓います。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

関連情報|リスト

  • 2017年12月13日のツイート - @aoshin2007: 京都市北区・左京区・上京区の不動産情報 それいけ!青伸ホーム!! : 目からウロコ URL 2017-12-13 15:33:32 via livedoor Blog @aoshin2007: アメブロを更新しました。 『目からウロコ』 #柿の実 #柿の木 URL 2017-12-1...
    21 時間前
  • 目からウロコ - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    1 日前
  • 目からウロコ - 12月12日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。 今日は、チョットしか外に出てないんですけど、そのチョットだけで、とても寒かったです。 寒波って凄い・・・。 裏のお家で植木屋さんが、ハシゴを木に立て掛けてバチンバチン。 ブロック塀の上から、 見ないようにしてくださってるけど、丸見えですよね、青伸ホーム。笑 心...
    1 日前

そうだ 京都、行こう。