Google よし、京都に行こう!: 京都市北区|正伝寺(しょうでんじ)

2013年11月28日木曜日

京都市北区|正伝寺(しょうでんじ)

正伝寺(しょうでんじ)


正伝寺は、京都市北区にある臨済宗南禅寺派の諸山の

格式を持つ寺です。寺号は詳しくは正伝護国禅寺という。

本尊は釈迦如来。

【 境内 】

【 本堂 】

入母屋造、こけら葺き。安土桃山時代。

伏見城本丸の御殿の1つが移建されたものと考証されている。

障壁画は作風等から狩野山楽一派の筆と推定されている。

廊下の天井は「血天井」と称され、伏見城落城の際に自刃した

鳥居元忠らの血痕が残った廊下の板を用いたものという。

【 庭園 】

本堂前の枯山水の庭園は小堀遠州作と伝えられています。

白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり、岩を用いず、

白砂とサツキの刈込みのみで構成されています。

「獅子の児渡しの庭」と呼ばれています。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。