Google よし、京都に行こう!: 京都市伏見区|寺田屋(てらだや)

2014年8月19日火曜日

京都市伏見区|寺田屋(てらだや)

寺田屋(てらだや)

名 称:寺田屋(てらだや)

慶応2年正月21日

坂本龍馬が長府藩士・三吉慎蔵と寺田屋にいたが、

明け方2時頃、一階で入浴していたお龍窓外の異常を察知して

二階に駆け上がり二人に知らせた。

伏見奉行の捕り手が屋内に押し入った、

龍馬は高杉晋作から贈られた拳銃を三吉は長槍をもって

応戦するが、多勢に無勢で龍馬は両手指を斬られ、

両人は屋外に脱出した。

負傷した龍馬は材木場に隠れ、

三吉は伏見薩摩藩邸に逃げ込み救援を求め救出された。

寺田屋は鳥羽伏見の戦に罹災し,

現在の建物はその後再建したものです。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。