Google よし、京都に行こう!: 京都市北区|瑞峯院(ずいほういん)

2013年12月7日土曜日

京都市北区|瑞峯院(ずいほういん)

瑞峯院(ずいほういん)


瑞峯院は、京都市北区紫野にある、臨済宗大徳寺派の寺院です。

同派大本山大徳寺の塔頭。境内には大友宗麟夫妻の墓がある。

【 庭 園 】

方丈を中心として南・北・西の三庭からなっている。

いずれも重森三玲の手によるもので、

昭和36年、開祖である徹岫宗九の400年遠忌に作庭された。

独坐庭(どくざてい)

方丈の正面に位置する蓬莱山式庭園で、

大刈込と巨石で表した蓬萊山からのびる半島と小島に打ち寄せる

荒波を砂紋で描いている。

百丈禅師の言葉である「独坐大雄峰」という禅語からの命名。

閑眠庭(かんみんてい)

キリシタン大名・大友宗麟の思いを汲んだ枯山水の庭で、

東側にあるキリシタン灯篭を背にして見ると、

7個の石組みが十字架を形作っている。

「閑眠高臥して青山に対す」という禅語からの命名。

茶庭

方丈と餘慶庵の間にある露地で、

一木一草を用いず、青石を一面に敷きつめ、

中央近くに立手水鉢を設けた斬新な茶庭であった。

近年改築されて、

松や苔の植栽に飛び石という典型的な茶庭になっている。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。