Google よし、京都に行こう!: 京都市左京区|葵祭

2015年5月15日金曜日

京都市左京区|葵祭

京都市左京区|葵祭

祇園祭や時代祭とともに京都三大祭に数えられる葵祭は、

賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭です。

葵祭には1400年の歴史があり、

日本の祭の中で最も優雅で古趣に富んだ祭として知られており、

平安中期の貴族の間では、

単に祭といえば葵祭のことをさすほど有名でした。

賀茂祭が葵祭と呼ばれるようになったのは、

江戸時代の1694年に行列が再興されてのち、

当日の内裏宸殿の御簾をはじめ、

牛車、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、

すべて葵の葉で飾るようになったためとされています。

祭儀は、宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀の三つからなるが、

現在は路頭の儀と社頭の儀のみを見ることができます。

最大の見所は、路頭の儀で、

祭のヒロイン・斎王代らが下鴨神社を経て

上賀茂神社へと向かう様子です。

平安貴族そのままの姿の風雅な王朝行列が京都御所を出発。

時代衣装に身を包んだ行列の姿は大変華麗です。

アカウント名:青伸ホーム
LINE@ID:@ltv1730k

友だち追加数

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。