Google よし、京都に行こう!: 京都市伏見区|城南宮 湯立神楽

2015年1月18日日曜日

京都市伏見区|城南宮 湯立神楽

城南宮 湯立神楽

祓神楽の奉納の後、たすき掛けの巫女が、

柄杓で天の水をすくって大釜の湯に注ぎ入れる

所作をして釜を清め、湯に洗米・酒を入れる。

古くは巫女が舞いながら湯玉を散らし、

神がかりし宣託を施すものだったと言われています。

現在は、笛・太鼓の音にあわせて舞った巫女が、

両手に笹の束を持ち、やはり神かがりになったように舞い、

笹の葉で釜の湯を散らして邪気を祓い、

無病息災、願望成就を祈ります。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。