Google よし、京都に行こう!: どっちがいい?平成と昭和の学校制度|左京区

2016年8月19日金曜日

どっちがいい?平成と昭和の学校制度|左京区

8月19日、今日の京都市左京区は、晴れ!
小学生の子が、残してしまっている夏休みの宿題にすこし慌て気味です(笑)。
「おまえ、どこまでやった?」「自由研究、やったけ?」
どうやら、自由研究や読書感想文など、少し大掛かりな課題を
残してしまっているようです。

そうか。
もう夏休みが終わってしまうのですねー。

9月1日始まりだった昭和の人間には、
宿題を除けばただただ幸せな40日間を過ごしていた昭和の人間には、
8月25日始まりの夏休みはとても短く、
違和感すら感じてしまいます。

「ゆとり教育」で低下した学力を向上させるための措置として
楽しくて長い夏休みが削られるようになりだして、何年かたちました。

でもこの子達は土日休みの完全週休2日制。
昭和人間は、土曜日は昼までの4時間授業がありました。

う~ん。
どっちがいいんでしょうね~(笑)



やんちゃな男の子のお母さんたちは、
「親にとっては、長い夏休みは戦いだ!」と、おっしゃいます(笑)


その男の子たちのことは、良く知っているのですが、
たしかに、
わからんでもない(笑)


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。