Google よし、京都に行こう!: 京都市上京区|報恩寺(ほうおんじ)

2014年2月17日月曜日

京都市上京区|報恩寺(ほうおんじ)

報恩寺(ほうおんじ)

名 称:報恩寺(ほうおんじ)

報恩寺は、京都市上京区の寺院です。

室町時代中期までは八宗兼学の寺院として

一条高倉付近にあったが、後柏原天皇の勅旨で、

1501年慶誉が再興、浄土宗寺院となり天正年間現在地に移った。

豊臣秀吉が寺宝の虎の図を聚楽第に持ち帰ったが、

夜毎吠えて眠れず、寺に返したという逸話から

「鳴虎」の通称名がついた。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。