Google よし、京都に行こう!: 京都市上京区|雨宝院(うほういん)

2014年2月10日月曜日

京都市上京区|雨宝院(うほういん)

雨宝院(うほういん)

名 称:雨宝院(うほういん)

雨宝院は、京都市上京区の寺院です。

西陣聖天として親しまれている雨宝院は、

北向山と号する高野山真言宗の寺です。

境内東南の井戸は「染殿井」と呼ばれ、

染物に用いるとよく染まり、

夏の旱魃時においても涸れることがないという。

また、本堂前には「歓喜桜」という、

八重桜があり、開花時には根元から花をつける。

隣の赤松は「時雨の松」と呼ばれ久邇宮朝彦親王が、

参詣の折り、にわか雨を樹の下で凌がれたという話が残る。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。