Google よし、京都に行こう!: 京都市右京区|落柿舎(らくししゃ)

2014年6月26日木曜日

京都市右京区|落柿舎(らくししゃ)

落柿舎(らくししゃ)

名 称:落柿舎(らくししゃ)

落柿舎は、京都市右京区にある草庵です。

松尾芭蕉の弟子、

向井去来の別荘として使用されていた草庵で、

去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。

古い家の周囲には40本の柿の木があったという。

庭の柿を売る契約をしたのちに、

柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。

1691年4月から5月までここに松尾芭蕉が滞在して

嵯峨日記を著しました。

野沢凡兆、凡兆の妻の羽紅、

去来が訪ねてきて一つの蚊帳で5人が一緒に寝たりしている。

現在の庵は俳人井上重厚による再建である。

場所も建物も芭蕉の時代のそれとは異なっています。

平成20年12月1日から平成21年9月末まで

庵の大規模な修復工事が行なわれました。

タンポポの『嵯峨野さやさや』の2番で

「雨の落柿舎 たんぼ道」の歌詞で歌われています。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。