Google よし、京都に行こう!: 京都市中京区|新撰組発祥の地跡(しんせんぐみはっしょうのち)

2014年3月24日月曜日

京都市中京区|新撰組発祥の地跡(しんせんぐみはっしょうのち)

新撰組発祥の地跡(しんせんぐみはっしょうのち)

名 称:新撰組発祥の地跡(しんせんぐみはっしょうのち)

文久3年春、将軍家茂の上洛警護のため、

清河八郎率いる浪士組が入洛したが、

その宿舎の1つとして使われたのが、

当時壬生郷の郷士宅であった当屋敷であった。

浪士組は、在京20日余りで再び江戸に戻ったが、

当所に分宿していた、芹沢鴨、新見錦、近藤勇、土方歳三らは、

引き続き京都の警備のため残留し、

京都守護職松平容保の支配に属して「新撰組」と名のった。

新撰組は、当屋敷に「新撰組宿所」の標札を掲げ、

隊員はわずか10数名で発足したが、次第に隊員が増加し、

付近の農家にも分宿した。

以後、市中の治安維持に努め、

元治元年の池田屋事件で一躍その名を轟かせた。

翌年の慶応元年4月、屯所は西本願寺に移されました。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。