Google よし、京都に行こう!: 京都市中京区|薬師院(やくしいん)

2014年3月14日金曜日

京都市中京区|薬師院(やくしいん)

薬師院(やくしいん)

名 称:薬師院(やくしいん)

薬師院は、京都市中京区にある寺院です。

自寺伝によると、本尊の薬師如来像は、

桓武天皇の延暦元年、伝教大師最澄が比叡山延暦寺の

草創を願って刻んだ薬師如来内の一つと伝わり、

延暦寺の根本中堂に祀られている薬師像と同形で、

現存はこの2体のみといい、

その後、比叡山より持ち出されたものを織田信長が

祀ったと伝えられています。

鎌倉時代の寛喜二年に、疫病がはやったときに、

この寺の住職の夢枕に薬師如来が現れて、

「一切病苦の衆生、我が前に来らば諸病ことごとく除くべき。

来也、来也」とのお告げを賜り、

その後本尊の薬師如来を「こぬか薬師」として

全国から多くの参拝者が来たという。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。