Google よし、京都に行こう!: 京都市中京区|長州屋敷跡・桂小五郎像(ちょうしゅうやしきあと)

2014年4月22日火曜日

京都市中京区|長州屋敷跡・桂小五郎像(ちょうしゅうやしきあと)

長州屋敷跡・桂小五郎像(ちょうしゅうやしきあと)

名 称:長州屋敷跡(ちょうしゅうやしきあと)

長州藩・毛利氏の藩邸跡で幕末維新時の重要な

政治的拠点であった。

元治元年の蛤御門の変では、会津・薩摩の幕府朝廷軍に

敗れた時にはこの邸内に自ら火を放ち逃れたが、

火は市内に延焼して数日間にわたって燃え続けたという。

明治維新後は、この地には勧業場が設立され現在は

京都ホテルとなっています。

ホテルの西側には桂小五郎の像も建っています。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。