Google よし、京都に行こう!: 京都市中京区|佐久間象山遭難碑(さくましょうざんそうなんち)

2014年4月21日月曜日

京都市中京区|佐久間象山遭難碑(さくましょうざんそうなんち)

佐久間象山遭難碑(さくましょうざんそうなんち)

名 称:佐久間象山遭難碑(さくましょうざんそうなんち)

佐久間象山は、信濃国松代藩出身で兵学蘭学を学び、

江戸で勝海舟・吉田松陰らに砲学を教えた。

開国論を唱え、嘉永7年吉田松陰の米艦乗込事件に連座し、

その後8年間松代で蟄居した。

元治元年3月幕命で上京し開国論を披瀝した。

同年7月11日騎馬で山階宮家よりの帰る途中に住まい近くの

この地で暗殺された。

大村益次郎卿の碑と並んで建てられています。

 佐久間象山寓居跡も近くにある。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。