Google よし、京都に行こう!: 自転車の祖先|左京区

2017年2月20日月曜日

自転車の祖先|左京区

2月19日、今日の京都市左京区は晴れ。
暖かいいいお天気です。
久しぶりに乗った自転車は、うっすら埃がたまっていて、
タイヤの空気も少し抜けているように感じたけれど、
優しい風と光は、自転車と私にエネルギーを降り注いでくれました。


自転車といえば、
ドイツで発明された「ドライジーネ」という木製の乗り物が、
二輪自転車の祖先と言われています。

製作されたのは、1817年。
日本は、江戸時代。
鎖国の真っ最中です。

二つの車輪を備え、ハンドルで前輪の向きを変えて操縦する、
という点は現在の自転車と同じですが、ペダルは無く、
人間が跨いで地面を蹴り、
その勢いで走るという乗り物だったようです。

多くの改良が加えられて、現在の形になりましたが、ホイールは木製や鉄製でした。

近代の自転車でも、車輪に固形ゴムを張り付けただけのものだったので、
乗り心地は必ずしも良くなかったようです。

今のようなチューブのタイヤが考案されたのは、1888年のこと。
 スコットランド人のジョン・ボイド・ダンロップが、
息子の自転車の木製の車輪に、
ゴムを塗布したキャンバスでチューブをくるんだものを
釘で留めたのが始まりです。

実は、ダンロップ氏は獣医で、
治療した牛の腸にガスが充満している様子を見て、
タイヤのヒントを得たのだそうです。


物事の進歩には、ひらめきが大切ですね!


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 天から降ってきたのは? - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。 いつの週間天気予報の記憶だろう? 今日は雨が降るんだと思い込んでいました。 先日のこと、 狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、 前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あと少しでトンネルに入ろうとしていたときのこと...
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。いつの週間天気予報の記憶だろう?今日は雨が降るんだと思い込んでいました。先日のこと、狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あ
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    18 時間前

そうだ 京都、行こう。