Google よし、京都に行こう!: 短くも長くも感じるカゲロウの命|京都市左京区

2016年7月26日火曜日

短くも長くも感じるカゲロウの命|京都市左京区



7月26日、今日の京都市左京区は雨のち曇り。
朝からたっぷりと降る雨が、乾いた大地、乾いた空気を潤してくれました。
ベランダのシマトネリコが、雨に打たれて小枝を揺らしています。
今日の雨は、潤いの雨です。

青伸ホームの事務所の窓に、何かがぴちぴち付いています。
近づいて見てみると、カゲロウの抜け殻です。
1センチぐらいの細長い抜け殻が、結構な数付いています。

別の窓の網戸には、キイロカワカゲロウがとまっています。
今しがた、脱皮したところのようです。

カゲロウは、幼虫時代を水中ですごし、
その後水中や水面、水際で羽化します。
羽化したものは亜成虫と呼ばれ、飛び立った後また、
明かりの周辺の壁や窓などの垂直面で脱皮して、成虫となります。

カゲロウは、成虫の寿命が数時間から数日と短いために、
昔から「はかないもの」のたとえにされることが多いです。

成虫時代には、エサをとらず、水中に産卵すると、ごく短い成虫期を終えますが、
幼虫期には10回から40回も脱皮し、藻類や植物遺骸をたべるものもいれば、
捕食性のものもいます。

カゲロウは、幼虫時代も含む全生涯を見ると、
半年ないし一年程度生きるので、
じつは、昆虫としては、決して短い生涯ではないのです。

こうやって見てみると、私たちはついつい
「ある一部分」だけを見て、物事を判断してしまうことがありますが、
何事も、一歩下って、全体を見ることも大切だなー・・・
と、思いました。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 天から降ってきたのは? - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。 いつの週間天気予報の記憶だろう? 今日は雨が降るんだと思い込んでいました。 先日のこと、 狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、 前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あと少しでトンネルに入ろうとしていたときのこと...
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。いつの週間天気予報の記憶だろう?今日は雨が降るんだと思い込んでいました。先日のこと、狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あ
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    18 時間前

そうだ 京都、行こう。