Google よし、京都に行こう!: 女心と秋の空|左京区

2016年10月17日月曜日

女心と秋の空|左京区





10月16日、今日の京都市左京区は晴れのち急に雨!
あんなに素敵な秋晴れだったのに、急に大粒の雨が降ってきて驚きました。

あー、そういえば、秋の空は天気が変わりやすかったんだ。
「女心と秋の空」っていいますもんね(笑)


とはいうものの・・・

じゃあ本当に秋の天気が変わりやすいのかって話なんですが・・・

秋は、秋雨前線が日本付近に発生するので、
ぐずついた天気になったり行楽日和の秋晴れになったり、
と天気が変わりやすいようにも思いますが、
それは「爆弾低気圧」や「春の嵐」という言葉もあるように、
「春」の天気も変わりやすいわけで、
別に「秋」でも「春」でもいいようなもの。

そもそももともとは、
女心ではなくて「男心と秋の空」だったのはご存知ですか?

このことわざができたのは江戸時代。
当時は既婚女性の浮気は命を落とすほどの重罪でしたが、
既婚男性の浮気には寛大だったこともあり、移り気な男性の心を言ったものです。

それが、明治・大正と女性の地位の向上や西洋文化の影響で、
女性が素直に意思表示できるようになり、
愛情に限らず喜怒哀楽の感情の起伏が激しいことや、
物事に対して移りげなことに対して、
男性とは違った意味で使われだしました。

あの広辞苑に載ったのも、結構最近の1998年のこと。
今でもほとんどの辞書が男心をメインにして女心の載ってない辞書も多いそうです。

女心か男心か、
これからの未来、どちらの言葉が残っていくことになるのでしょうね。

春も秋も関係なく一年中、
きっとどの時代に生まれても、
青山社長って人はブレないような、
そんな気が、改めてしました。


【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 天から降ってきたのは? - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。 いつの週間天気予報の記憶だろう? 今日は雨が降るんだと思い込んでいました。 先日のこと、 狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、 前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あと少しでトンネルに入ろうとしていたときのこと...
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 6月26日、今日の京都市左京区は曇り。いつの週間天気予報の記憶だろう?今日は雨が降るんだと思い込んでいました。先日のこと、狐坂を岩倉に向かって車を走らせていた青山社長の横に乗っていた時のこと、前を走る原チャリぐらいの大きさのバイクに乗っていたおじさんが、あ
    18 時間前
  • 幸運に感謝 - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    18 時間前

そうだ 京都、行こう。