Google よし、京都に行こう!: 京都市伏見区|安楽寿院(あんらくじゅいん)

2014年7月31日木曜日

京都市伏見区|安楽寿院(あんらくじゅいん)

安楽寿院(あんらくじゅいん)

名 称:安楽寿院(あんらくじゅいん)

安楽寿院は、京都市伏見区にある寺院です。

京都の南に位置した鳥羽離宮の東殿に鳥羽上皇が造営した

仏堂を起源とする皇室ゆかりの寺院です。

境内に接して鳥羽天皇と近衛天皇の陵がございます。

【 境内 】

境内には大師堂、阿弥陀堂、書院・庫裏などが建つが

いずれも近世以降のものです。

本尊を安置する阿弥陀堂よりも弘法大師像を安置する

大師堂の方が規模が大きい。

大師堂

慶長元年の地震で倒壊した新御塔の材を用いて建てたものです。

阿弥陀堂

本尊阿弥陀如来坐像を安置する。昭和34年(1959年)の建立。

書院・庫裏

寛政7年(1795年)の建立。

五輪塔

境内北西の老人ホーム前にあり、弘安10年の銘がある。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。