Google よし、京都に行こう!: 京都市南区|大通寺(だいつうじ)

2014年7月26日土曜日

京都市南区|大通寺(だいつうじ)

大通寺(だいつうじ)

名 称:大通寺(だいつうじ)

大通寺は、京都市南区にある寺院です。

鎌倉幕府第3代将軍源実朝の未亡人である坊門信子が

夫の暗殺後に京都に戻り、真空を招いて出家し、

自邸を尼寺としたことに由来します。

創建時には現在の南区八条町付近にあり、

南隣にはかつて貞純親王・源経基の邸宅があり、

経基を祀った六孫王社があり、同社を寺の鎮守としました。

清和源氏嫡流の祖である源経基と最後の当主である

源実朝双方ゆかりの寺院であるということで、

鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府の代々の将軍によって

保護されました。

江戸時代には真言宗・律宗・三論宗兼学の寺院として知られ、

多くの塔頭と寺領を有しました。

元禄期には能書家・作庭家として知られた南谷が居住しました。

明治45年、東海道線の移設工事によって現在地に移転しました。

絹本著色善女竜王像・『醍醐雑事記』第9・10巻は

重要文化財に指定され、

源実朝木像など貴重な寺宝を多く所有しています。

また『十六夜日記』の阿仏尼の墓とされる

「阿仏塚」も現在地に移転され、境内に現存しています。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。