Google よし、京都に行こう!: 長岡京市|長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)

2014年7月20日日曜日

長岡京市|長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)

長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)


名 称:長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)

長岡天満宮は、京都府長岡京市にある寺院です。

市民からは「天神さん、長天さん」と呼ばれ親しまれています。

長岡京市はかつて山城国乙訓郡長岡と呼ばれ、

延暦3年桓武天皇が平城京から都を移し、長岡京を造営した所です。

長岡天満宮は、都の西南の外れに位置する。

文化事業の一環として4月下旬には「霧島コンサート」、

8月下旬には「宵宮コンサート」が開催されます。

同コンサートはクラシックの生演奏に身近にふれる機会として、

音楽好きの市民に親しまれています。

八条ヶ池には、檜で作られた水上橋があり、

そこからは池を中心として境内を一望出来ます。

八条ヶ池の中堤両側の樹齢百数十年のキリシマツツジは有名で、

隣接する長岡公園の梅園も広く知られています。

キリシマツツジの花の季節に開催される

「春の観光まつり」の会場にもなっており、

多くの観光客で賑わいをみせます。

また、

境内には竹林や梅林、あじさい園、桜、ハス、

アヤメ・カキツバタ群落もあり四季折々の散策を楽しむことが

出来ます。

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。