Google よし、京都に行こう!: 十五夜と満月は関係ない??|左京区

2016年9月15日木曜日

十五夜と満月は関係ない??|左京区



9月15日、今日の京都市左京区は曇りのち晴れ。
室内より、屋外の方が涼しく、
風が抜けるのなら窓を開けたほうが気持ちのいい気候でした。

「今日は、十五夜ですよ
と、お客様に教えてもらいました。

夜、外に出ると、東の空高くに月が輝いていました。

ん???満月じゃない・・・。

少しいびつな、でもいつもより大きい月が
夜空を明るく照らしています。
乱視?と、目を凝らして見てみても、やはり満月ではありません。


それもそのはず。

十五夜だからって、満月とは限らないんですね。

新月と呼ばれる月が出ない時から満月になるまで
およそ15日かかることから、
十五夜は満月を意味しています

しかし、十五夜と満月は、
新月から満月へとなる周期が、14日から16日とブレがあるために、
今年の十五夜は9月15日ですが、
満月は9月17日なんだそうです。


乱視ではあるのですが、乱視で歪んで見えたのではなく、
まだ満月になっていなかったのですね。



秋の月夜は、気候も相まって、綺麗ですね。




【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。