Google よし、京都に行こう!: 知恩院の七不思議!?|京都市 東山区

2016年6月17日金曜日

知恩院の七不思議!?|京都市 東山区



6月17日、今日の京都市左京区は、曇りのち雨のち晴れ。
夕方、いつもより暗くなるのが早いなーと思っていたら突然大粒の雨が降ってきました。
夕立?
積乱雲は見当たりません。厚い灰色の雲が広がっています。
雷も鳴りません。
雨が降ったりやんだり。
まだまだ梅雨のお天気です。

前を走るヤサカタクシーのリアウィンドウに、『京都国立博物館』の広告があります。
「徳川将軍家と京都の寺社~知恩院を中心に~」とあります。

徳川家と京都といえば、徳川慶喜が将軍の時に、二条城で行われた大政奉還が有名です。
徳川家=江戸というイメージもありますが、徳川家を偲ぶ史跡は、京都には沢山あるのです。
その中でも有名なのが、知恩院。京都の人からは、「知恩院さん」と親しみを込めて呼ばれています。

知恩院(京都市東山区林下町400)は、浄土宗の総本山で、鎌倉時代に法然上人が住み、念仏の教えを説いたところです。

知恩院は、実は徳川家から最も多く援助を受けた寺院なのです。

徳川家康は熱心な浄土宗信者だったので、知恩院を徳川家の香華所(仏前に香や花を供える役割を担う寺院)に定めました。
また家康の母君の於大の方の永代菩提寺に定め、寺領を大幅に拡張しました。
さらに、徳川秀忠は、1619年に三門を建立しました。
1633年には火事で大半の建物を失いますが、徳川家光によって再建され、1641年には完成に至っています。

このように、841年もの歴史を持つ知恩院は、江戸時代、徳川将軍家の厚い庇護を受け発展したのです。

そんな知恩院の魅力は、なんといっても、日本最大級の木造二重門の三門でしょうか。
四季折々の美しさを見せる庭園もとても美しいです。
また、知恩院には「鴬張りの廊下」や「忘れ傘」や「抜け雀」などという七不思議も伝えられていますので、
ぜひ見つけてみてください。

歴史を知って拝観する京都の寺社は、おもしろいですよ。



【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。