Google よし、京都に行こう!: 夏の代表入道雲はまだかな?|上京区

2016年6月26日日曜日

夏の代表入道雲はまだかな?|上京区



6月26日、今日の京都市左京区は、曇り時々晴れ時々雨。
天気はとても不安定です。
曇っていたり、急に晴れてきたり。
暗くなってきたなーと思ったら、やっぱり雨。


午後1時半頃、川端丸太町辺りを北上していた時、雲の切れ間からオレンジ色の光が差しだしました。
オレンジ色の光はみるみる明るくなり、辺り一面を金色に照らしはじめます。

曇っていた窓ガラスを拭いた時のように視界が広がります。
4色の絵の具で塗り分けたような真正面の北の山々は、まだ霞がかったままです。
近くの北の空だけが青く晴れ渡ってきました。

温度計の目盛がどんどん上がるように、肌も太陽の温度を体感します。

梅雨の晴れ間の北の空には、早くも「積乱雲」が発生しだしました。
「入道雲」と呼ばれるには、まだまだ、モクモク感が足りません。


夏の代表的な「入道雲」は、夕立を降らせます。
一つの大きな雲に見える「入道雲」は、実は「積乱雲」の群れなのですよ。
いくつもいくつもの「積乱雲」が重なって、大きな大きな「入道雲」になるのです。

「入道雲」を「水」に換算すると、ドラム缶1000万本分もあるとか?!



「入道雲」が現れ、空が暗くなったら、ご用心!

ドラム缶1000万本の雨は、側溝をあふれさせ、
川や下水も急に増水させます。

【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

そうだ 京都、行こう。