Google よし、京都に行こう!: トランプはなぜ52枚?数の不思議

2017年6月8日木曜日

トランプはなぜ52枚?数の不思議





6月7日、今日の京都市左京区は朝から雨。




昨日の6と6のゾロ目や6・7と続きは、なぜだかなんとなく気になります。

「あ、6・6だ…」程度ですけどね。笑




時刻を確認するのがほとんどデジタル数字のiPhoneだからか、

ものすごい確率でゾロ目やちょっきりの時刻を見ます。

2:22や11:11、10:00とか7:00とか。




何回時計を見ているうちの何回分がそうなのかわからないですけどね。






「数の不思議」というのは良く聞きます。





その中で、最近、「え?そうだったの?」と思ったことがあります。

身近な玩具の「 『トランプ』です。





トランプは1から13までのカードが4種類、
全部で52枚あり、
そこへジョーカーが加わります。

なぜ、トランプって52枚なんだろ?

中途半端な枚数…。

子供のとき、トランプが揃ってるか確認するためにかぞえるたびに、
そのように思っていました。





その理由が、


実は、52という数字は1年が52週間あるということを示しているというのです。

ジョーカーは閏年(うるうどし)を表しているそうで、

さらに、
ダイヤは春、ハートは夏、クラブは秋、スぺードが冬と四季まで表現しているというのです。




また、トランプの1から13の数字を全て足すと91となり、

数字のカードはそれぞれ4種類あるので、これを4倍すると364。

ジョーカーを1と考えると364にジョーカーを足して365日。

トランプには1年の日数まで隠されているというのです。




『すごーいっ!知らなかった!』と思っていたら、

実際のところはよくわかっていない・・・
という説も。




ヨーロッパでは32枚や36枚のトランプが多いそうで、

イタリアでは40枚であることが常識だそうで、

ロシアでは36枚が常識だそうです。

また、フィリピンには112枚のトランプも存在するということなので、




これは、あくまでも、日本人の日本人による日本人のための見解なのかも?!








【 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム 】
< 青伸ホーム:公式ホームページ >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

関連情報|リスト

  • 夏から秋へ - 京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸( あおしん )ホーム。京都の北区・左京区はもちろん京都市内で幅広く活動をさせて頂いております。不動産をお探しのお客様「 京都市 青伸ホーム 」がサポート致します。地元(京都市 左京区)密着の不動産会社 青伸ホ...
    17 時間前
  • 夏から秋へ - 8月18日、今日の京都市左京区は雨のち晴れのち雨のち曇り。 明け方の雷は、大地を揺るがすほど。 我が家のポメラニアンのぽめ吉は緊張気味に背筋も耳もピンと伸ばしていました。 日中の太陽の光は眩しく暑かったけど、信号待ちのフロントガラスを下から上へと縦断していったのは真っ赤に色づいたアキアカネ。成熟して真っ赤にな...
    17 時間前
  • 夏から秋へ - 8月18日、今日の京都市左京区は雨のち晴れのち雨のち曇り。明け方の雷は、大地を揺るがすほど。我が家のポメラニアンのぽめ吉は緊張気味に背筋も耳もピンと伸ばしていました。日中の太陽の光は眩しく暑かったけど、信号待ちのフロントガラスを下から上へと縦断していったの
    17 時間前

そうだ 京都、行こう。